スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒猫のりお の話 (前編)

本日は、”のりお”という黒猫の思い出話をさせてください。

とねこり家がペットの葬祭などでお世話になっているお寺については
既にご存知の方もいらっしゃるかと思います。

過去記事はこちら 「病気回復祈願!」
            「よんよんの約束」
            「にゃんごーるを送った日」
            「犬の くろっちの事。」


私は、こちらのお寺を通して2度ちょっと不思議な体験をしています。
1度目は、↑の記事にあるよんよんの時。
そして2度目が、今回お話しする 黒猫のりおの時でした。

本日は、のりおの思い出話です。
(自己満足的に長いのでスルーしてくださってもOKです)


のりお(通称のり)は私の実家の猫で
2年前の11月29日に亡くなりました。(享年15才くらい)


IMG_2115_convert_20121129164738.jpg

10年以上実家で暮らしましたが、
のりは、ある日フラリとやってきたノラ猫でした。
後に、実家から徒歩5分ほど離れたお宅で生まれた猫だと判明。
母猫になぜかいじめられ続けて、家出したのだそうです。。
それが実家にやってくる半年程前。
しばらくノラ生活をした後、実家にたどりついたのりでしたが
実家に毎日通い詰めるも、あまり歓迎はされませんでした。
(通いはじめるきっかけを作ったのは、ごはんを提供したこのとねこりなのですが!)
のりに一目ぼれしてしまったとねこりは
毎日実家に通い(車で3分の距離)のりを家に置いてほしいと頼みました。
2・3か月かけてじわりじわりとのりは実家の猫になっていきました。
それでもなかなか住まいに上げてもらえず、お店(自営業)で寝泊りしていた時期もありました。
暖かい季節だったので幸いでした。
いよいよ住まいに足を踏み入れるのを許されたのは
半年以上たってからでしたが、それは私が一生懸命頼み込んだからではなく、
ひとえに、のりの日頃の素行が評価されたからでした。
のりは、いたずらを全くしない猫でした。
爪とぎの上では盛大に爪をとぎますが、それ以外の場所で
決して爪とぎをしませんでした。(聞いたかもんちゃん!)
テーブルの上や棚の上などにも上りませんでした。
一度棚の上に上ってしまい、上った自分に驚いて飛び降りたことがありました(笑)
外に出ると自由に塀の上、屋根の上を歩きまわっていました。
イヤな事をされても、誰かを噛んだり爪を立てることも一度もなかったんです。
そんなのりを両親は初めのうちは「立場をわきまえてる」とか「おとなしい」とか
言っていましたが、そのうち
「めずらしい程賢い」とか「毛並がいい」とか、ついには「気品がある」とまで言いだし、
のりの評価はうなぎのぼりだったのです。

のりは日中よくお店で過ごしていました。
お店に来るお客さんの中にものりを目当てにいらっしゃる方も多く、
「黒猫さんがいるお店」と、通りかかる子供さんにも人気でした。
ついには、のりに惚れてしまったプードルまで現れました。(オス同士ですが)
のりはとても大人しい猫だったので、いろんな方にかわいがってもらいました。



痩せていたのりも、数年でまっふりと太り、黒猫の貫録を見せました。

IMG_1502_convert_20121129164700.jpg
雪の庭で。


車の音を聴きわけて、私が実家に行くと必ず車まで迎えに来てくれました。

父に抱っこされるのが大好きで、父とのりの定番の風景でした。

snap_tonekori6_201211516724.jpg
季節を問わずこの場所この体勢。


ノラ生活の間にケンカも多かったからか、のりは猫エイズキャリアでした。
その影響か、亡くなる2年程前から痩せはじめて
食欲がなくなり脱水を起こして、度々病院にかかるようになりました。


_1024505_convert_20121129164458.jpg


2年前の夏から、さらに急激に痩せて、食欲も激減しました。
尋常ではない脱水を起こした11月の終わり、
タイミング悪く、かかりつけの病院は休診日。。
のりの状態はものすごく悪く、病院に行けば入院は必至。
両親と長い長い相談の末、のりを家にいさせることに決めました。
のりの経過を知らない病院に、のりを置いてくることがどうしてもできませんでした。
知らない場所で、のりに不安で怖い思いをさせて、
そのままお別れになってしまうのは耐えられませんでした。。

暖かい居間で、家族の話し声や気配を感じながら
のりは、静かに静かに身体を横たえていました。。

それから実家に泊まり込んでのりに付き添いました。
日中は両親が看て、私は夕食後に実家に行ってのりと過ごし
朝、両親と交代して帰宅しました。

夜中に何度かのりがトイレに行こうとするのですが
うまく歩けないので手を添えて補助したり
お水を飲ませたり、声をかけたり、温度調節をしたりで
すぐに夜が明けました。

泊まり込んで3日目の11月29日の深夜、
両親と私にかこまれて、のりは旅立ちました。
苦しまず、静かな最期でした。。


のりは寡黙で肝のすわった猫でした。
たくさんの人にかわいがってもらい
自由に猫の生活を楽しんだように思います。
お別れはいつも寂しいものですが
心の中をほっこりあたたかにしてくれる
たくさんの楽しい思い出を家族に残してくれました。。


* * * * * *

2日後に、のりをお寺に連れていきました。
よんよんを送ってから2年ぶり2回目の葬儀でした。。

お寺での出来事は、後篇で。。



それでは、本日ここまで。
たくさん読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。