スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パッカリとシオシオ

!!!!




DSCN9269_convert_20131009164226.jpg



ついに!!




DSCN9274_convert_20131009164342.jpg

ケンカで負傷した、たーちゃんの左目が パッカリ!開きました。

よくよく見ると、光の加減でまだうっすら白く傷の痕があるのですが
たーちゃんはもう全然平気にしています。

負傷したのが9月9日。
たっぷり3週間、目薬を続けながらスッキリしない日々が続きました。
傷が治ってきているわりに結膜の充血がひどいということで
病院でも先生が首をかしげていました。

実は、ずっと使っていた目薬も副作用を起こしていたんです。
以前の記事にも書きましたが、たーちゃんは他の目薬に変えた時に酷い副作用があったので
ちょっと気になってきて、それまで使ってた目薬の副作用を調べてみたら
「結膜の充血」とありました。

すぐに病院に相談して、また違う目薬に変えることになりました。
すると、たった1日で充血が引いて、たーちゃんの目が開いたのです。

たーちゃんに3週間つけ続けてしまった目薬は
通常めったに副作用が出ないタイプのものらしく
病院でもたーちゃんが初めてだったそうです。

にしても、もっと早く気付いてあげたかった。。

DSCN9182_convert_20131009164423.jpg
目薬がいやでイスの下に逃げ込んでた姿を思い出すだに切なくなります。
(頭だけ隠してるのが余計せつない。。)

今回のことで、たーちゃんが抗生物質に過敏だということが判明したので
今後、充分気を付けていこうと思います。

遠回りしてしまったけれど、治ってよかった~。。。





さて、こちらは


DSCN9331_convert_20131009164505.jpg

シオシオ な表情のこはく。

それもそのはず、昨日から突然の高熱と戦っております。。

昨日の朝、2回続けて吐いた後ぐったり。
ごはんにもおやつにも顔をそむけてしまうし
尋常ではない様子だったのですぐさま病院へ向かいました。

皮下点滴と吐き気止めの注射をして帰宅しましたが
昼前から熱が出てきて、足の付け根で体温を測ったら40.2度!
再度病院に行って、抗生物質の注射をしてもらいました。


DSCN9322_convert_20131009164551.jpg
病院にて。ストールを被ってモナリザ風のこはく。(熱は高いが危機感なし)


夜になってからほんの少しだけですがスープ状のフードを食べてくれるようになり
ちょっと安心しました。

今日もまだ熱があったので点滴に行ってきました。
今日はカリカリも10粒ほど食べてくれました。
このまま良いほうに向かってほしいです。

snap_tonekori6_2013103165544.jpg
こんなポーズもしてくれるようになったのできっと大丈夫ですよね。



じっと寝ているこはくを見ていてふと思いました。

みっけはこはくのことが一方的に大好きで

DSCN8729_convert_20131009164733.jpg
こはくが寝ているとすぐにやってきます。


DSCN8703_convert_20131009164914.jpg
こんなになったり


DSCN8701_convert_20131009165003.jpg
こはくといると、しあわせそうです。


こはくは遊び相手にも最高なようで

DSCN9316_convert_20131009170141.jpg
毎日好き勝手に飛びかかって


DSCN8734_convert_20131009164813.jpg
こはくは大迷惑なのですが、みっけはこはくが大好きなのです。


しかし
昨日今日と、みっけはこはくに飛びかかりません。
こはくの近くにいるのですが

DSCN9333_convert_20131009165043.jpg
こはくをそっとしておいてくれています。

まだ1歳にもならないお子ちゃまなのに
空気が読めるなんて!

DSCN9162_convert_20131009165136.jpg
えらいわ!!


でも、ふとよぎったのは


もしかして、こはくの病気がうつるとか思ってないよね?
まさかね?



DSCN9170_convert_20131009165216.jpg
みっけ「さあ、どうかしら」




DSCN9206_convert_20131009165258.jpg

いずれにしても、回復したらすぐにまたみっけに飛びかかられる運命の
シオシオなこはくに、元気玉プリーズ!



それでは、本日ここまで。
お越しくださり、ありがとうございました。
スポンサーサイト

抜け出した!

体調不良が続いていたこはくでしたが
やっとやっと不調から抜け出せたと言えそうなところまでやって来ました!

DSCN7923_convert_20130706151931.jpg


6月29日に2回目の排便処置をしてもらった後、
7月2日の深夜25時すぎに少々苦労しながらも自力で便をしてくれました。
うれしさの余り、思わずカメラに収めようと構えたところで
「それ撮ってどうするの?」という自らの内なる声に我にかえり、
目に焼き付けておくことにとどめました。
(でも、この気持ちきっと皆さまにも分かっていただけるかと。)

これで、こはくも身体が楽になって元気が出るだろうと思いましたが
なぜか食欲もなく、眉間に力を入れたような表情で寝ているばかりでした。
起きていてもなんだか虚ろで反応があまりなく、
体温が低いようで、ほとんどあんかの上にいました。
便は1日1回なんとか出るようになっていましたが、何度か吐いたりもして心配でした。

下痢にしても便秘にしても吐き気にしても
麻酔の後のパニック状態にしても(思い出すだけで心拍数が上がります)
症状が激しすぎだったので、こはくのストレスは相当だったはず。
気力と体力がもうギリギリだったのかな、とも思いました。

が、昨日から食欲が安定してきて、反応がよくなって表情も豊かになりました。

DSCN7971_convert_20130706152331.jpg
ほとんど見かけなくなっていた毛繕いにも精を出し、


snap_tonekori6_201376153235.jpg
(↑臨場感重視)
みっけがじゃれ付くと怒ったり逃げたりしていましたが
じゃれっこに応じるようにもなりました。。感涙


DSCN7992_convert_20130706152735.jpg
眠る姿勢も物語っています。。


肛門嚢も当初直径2cm近い穴が開いていましたが
現在3mmくらいになっています。


調子がイイと思っても、ぶりかえしたりが何回もあったので
まだ安心しきれませんが
どうかこのまま回復して、体力も体重も戻ってきてくれたらいいと思います。



この1か月、記事の更新が滞る中、また皆様のところへも不義理が続く中、
たくさんの方がブログを覗きに来てくださり感謝しています。
あたたかなエール、ありがとうございました。
こはくのみならず、とねこりにもご心配くださり力をいただきました。
本当にありがとうございました。


身近なところでは

DSCN7993_convert_20130706152538.jpg
静かに見守り続け、とねこりの顔をいつも以上にのぞきこんで
元気づけてくれたちゅうじ。

こはくと同時期にちょっと大変な目に遭ってしまったもんちゃん。
そのお話はまた改めて。。



6月の初めに片眉兄ちゃんになってたたーちゃんでしたが(→
DSCN7963_convert_20130706152409.jpg
いつの間にか新しい眉が生えていた。。(時間の経過を実感!)


6月中も2回発情行動で大騒ぎしてたみっけにウンザリしながらも
じゃれっこみっけの相手を引き受けてくれてたたーちゃん、
DSCN7999_convert_20130706152502.jpg
おつかれさん。


そしてそして、
DSCN7990_convert_20130706152616.jpg
安定感抜群の暮らしぶりを見せるきこどんには
ホント癒されました。


しかも、今日のきこどんは
DSCN7989_convert_20130706152655.jpg
良いことが起きる暗示のように、めずらしくアゴのチョロリがめっちゃカールしていました。

にゃんこ家族のみんな、ありがとう。
こはくよ、良い波に乗れ!


それでは、本日ここまで。
お越しくださり、ありがとうございました。


私信:29日の拍手コメの件でお名前を教えてくださった方、ありがとうございました。
   いえいえ、コメントとてもうれしかったんですよ~。

光は見えたか

こはくが体調を崩してから、かれこれ一か月経とうとしています。
長い一か月でした。。
こはくの戦いは続いています。
が、トンネルの向こうに、光が見えてきているようにも思えます。

DSCN7910_convert_20130630214254.jpg
小さく腕組みをして一息つくこはく。

(以下、こはくの体調の記録のような内容になってしまいますのでつまらないです。スルー可です)

長く激しい下痢と吐き気の日々が
転じて肛門嚢炎と便秘の日々に変わりました。

肛門嚢の破裂を自然にまかせる予定でしたが
どうやら腫れが便秘を悪化させているらしく
便が出ないことで、こはくが苦しみ出してしまいました。
トイレでものすごくいきむのですがダメで
激しく吐いたかと思えばトイレに駆け込む繰り返し。
そのうち液体の便がポタポタ落ちてきて、
しまいにトイレの外でもいきんでポタポタ。
いきみながら吐くし、
かと思えば呼吸が早くなってバッタリ倒れ込んでしまうし
私がお腹を触ったらものすごい声で唸りました。
一時間ほどの間に突然それだけの事が起こり、急いで病院へ。

軽い麻酔を使い、肛門嚢の切開と排便処置をしてもらいました。
それが前回の記事をアップしてすぐのことでした。。

こはくは随分楽になったようでしたが2日後の夜にまた便秘の症状。
前のようなパニック状態ではありませんでしたが(トイレの往復と吐き気)
自力で出せるようには思えない状態だったし、時間の問題でパニックになりそうなので
翌日(昨日)また病院で排便処置をしてもらいました。
たくさん出ました。。

麻酔が大方醒めて、帰路につきましたが
道すがらキャリーの中のこはくの様子がおかしくなりました。
変わった声で鳴くので見ると、呼吸がものすごく早くなって
口を大きく開けて舌を出しています。
目を見開いてキャリーのフタをガシャンガシャンやって出ようとするし
尋常ではない状態でした。
病院に戻るべきなのかとも思いましたが家まですぐだったので
帰宅してこはくをキャリーからだしました。
こはくは全身の毛が立って、倒れ込んで、ヨダレがたれて
呼吸困難かというほど苦しい状態でした。
身体が熱いのでエアコンをガンガンつけてクールダウンさせました。
10分程で呼吸が落ち着いてきて立ち上がって歩いたり出来るようになりました。

怖かったです。。

こはくが落ち着いてからも私は放心状態で動けませんでした。

麻酔の醒めが充分でなかったのかもしれず、処置の痛みなどで
興奮状態になってしまったのでは、と思います。


そして今日。
肛門嚢はまだ穴が開いていますが順調です。
排便処置でたくさん出してもらったので、今のところまだ便はもよおしていません。
食欲はまあまあ。
ただ、元気がありません。
なんだか体温が低いように感じたので、あんかを出してきました。

snap_tonekori6_201360215034.jpg


温まって来ると
snap_tonekori6_201360215323.jpg
井草座布団に移動したり


DSCN7917_convert_20130630214441.jpg
床でひんやりしたり、繰り返していました。


決定的に具合が悪いというのでもないけれど
いつものこはくとは違う今日のこはくでした。

体力の無くなってるところに昨日のような体験をして
疲れてしまっているのでしょうか。。

便秘が解消されるのかどうか気になって仕方ありませんが
こはくには、しっかり休んで体力を養ってほしいと思います。


snap_tonekori6_20136021482.jpg
ちゅうじもリラックスをアピール。



snap_tonekori6_20136021580.jpg
もうひと踏ん張り。



こはくにコメント、エールありがとうございます!
とてもありがたく、心強く感じています。


私信:昨日(29日)am9:42頃、鍵で拍手コメ下さった方、
   もしよろしければ、こっそりお名前教えていただけると嬉しいです。
   お名前の記入がなかったので~^^


それでは。本日ここまで。
お越しくださり、ありがとうございました。

※コメント欄、閉じておきます。

よくぞまあ・・

こはくに応援メッセージなど、ありがとうございます。

前回の記事で、回復まであと少し!とラストスパートをかけたこはく、
長引いた下痢、吐き気がついに治まりました!
食欲も出てきて、これからはだいぶ減ってしまった体重を
戻していこうと喜びに湧いたのが4日前の6月22日。

そしてその夜、見つけてしまいました。


こはくのお尻。


肛門嚢炎をおこしてしまいました。。


よくぞまあ、次から次へと・・。(へたり込むとねこり)


多分、下痢が続いてトイレに行く度にお尻が汚れてしまい
肛門嚢腺のほうにばい菌が入ってしまったのでは、と思います。
がんばって拭いたり洗ったりしていたのですが・・泣

お尻の腫れを見つけたのが土曜日の夜だったので
病院に連れていくのは月曜日になってしまいました。

DSCN7833_convert_20130626110939.jpg
(何故キャリーが二つあるかって?実は同時進行でもんちゃんもいろいろありまして・・
 もんちゃんについてはまた改めて。。恐ろしげなことではありません)

病院では、ここで抗生物質を使うと
やっと治った下痢吐き気がぶり返すおそれがあるので
そのリスクを考えると
ここは肛門嚢を自然にまかせて破裂を待ち、
洗浄で対応していくほうがいいと言うことになりました。

昨年7月にも肛門嚢炎を患ったこはくですが(→
その時も抗生物質の注射よりも洗浄のほうが効果が大きかった記憶があるので
「よっしゃ、やったる」という気持ちで破裂を待つことになったのです。
肛門嚢炎で命は取られまい、という境地になっていきました。

吐き気が治まって、食べたものが吸収されるようになったのか
前回体重3.8Kgだったのが3.85Kgになっていました!うれしかったです。。

DSCN7840_convert_20130626111308.jpg
帰宅して疲れはてるこはく。。

この時点で、既に腫れている一部分の皮膚が薄く赤くなって
少し水っぽくなってきた様子だったので
もういつ破裂してもおかしくない状態でした。
ティッシュや脱脂綿、殺菌水、ゴミ袋、などを手元に準備して
破裂を待ち、、
3日が経とうとしています。。


皮膚が赤く薄くなったところは今にも破れそうなのですが
何故かまだ持ちこたえています。

snap_tonekori6_20136312526.jpg
破裂した時には大きな穴が開きそうな予感。。


それから、下痢が治ったのはよかったけれど
今度は便秘になってしまったのです。
この二日、トイレで力んでも出てきません。
力を入れると痛いのかもしれません。
こうなると早いところ破裂してほしいのですが。。


ただ、下痢吐き気を繰り返していた頃に比べると
こはくはずっと元気にしています。
何故かずっとコンポの上で眉間に力を入れていましたが

DSCN7821_convert_20130626110857.jpg
今度はTV横に場所を移し、

ごはんも催促するくらいですし


DSCN7816_convert_20130626111429.jpg
こはくの「またたびくれ~」の合図でみんなが集まって来たりもします。(こはくの合図→


こはくが少しでも身体が楽になっているのは救われます。

お尻の腫れが破裂するのは時間の問題なので
じりじりと観察・警戒を続けようと思います。


DSCN7826_convert_20130626111501.jpg
ちょっとお尻を浮かせぎみにして、こはくもがんばっています。


それでは、本日ここまで。
お越しくださり、ありがとうございました。


※コメント欄、閉じておきます。。

もう少し!

こはくの体調不良について、あたたかなメッセージや応援、
アドバイスなど本当にありがとうございます。
余裕がなく、メッセージにお返事できず、心ぐるしく思っています。。
しかしながら長引く苦戦中、皆様のメッセージや
ブログにお越しくださってる方々にたくさんパワーをいただいております。
本当にありがとうございます。


こはくは、まだあまり食べられず体重もだいぶ減ってしまいましたが
一昨日からやっとやっと下痢が改善してきまして
回復への道筋が見えてきたか!と期待しているところです。
まだしつこく吐き気は残っていて(これが見ていて辛い。。)
今日も病院で吐き気止めの注射をしてもらいました。
今日の体重は3.85Kg。
体調を崩してから450gも減ってしまいました。


それでも下痢の改善があっただけでも身体が楽になったようで、
それまでは不快感からか、寝転んでいてもあまり眠れない様子が続いていましたが
このところ表情が穏やかになって眠れているようです。

DSCN7773_convert_20130621163746.jpg
相変わらずコンポの上が定位置。



DSCN7792_convert_20130621163859.jpg
自分からお水を飲みに行ったり



DSCN7788_convert_20130621163826.jpg
窓辺に座っているのを見かけたりすると嬉しくなります。

昨日は買い物から帰ってきたとねこりを
玄関までお迎えに出てきてくれたので
思わず涙が出そうになる程でした。


きっとあと少し!だと思います。

DSCN7803_convert_20130621163947.jpg
勝ちどきを上げろー!えいえいおー!




他のニャンズは、みんな元気にしています。

DSCN7445_convert_20130621164024.jpg
いつもやさしいちゅうじ。



DSCN7800_convert_20130621164057.jpg
パワー全開コンビ。



DSCN7585_convert_20130621164132.jpg
おしりペンペンたーちゃん。



DSCN7775_convert_20130621164213.jpg
あふれる癒しの泉きこどん。


癒されたりププッと笑わせられたりしながらあとひと踏ん張りです!



それでは、本日ここまで。
お越しくださり、ありがとうございました。


まだ、お返事できそうにないのでコメント欄閉じておきます。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。