スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれから一年

今回もにゃんごーるの記事になりました。

あれから一年。。

昨日はにゃんごーるの命日でした。


3・4か月前から、気付くと「去年の今頃は・・」と言う風に
にゃんごーると過ごした時間をよく思い返していました。




IMG_6901_convert_20130831163605.jpg
あの頃はまだ一緒にお散歩してたなあ、とか



IMG_6961_convert_20130831163648.jpg
暑いベランダでの日課。。



DSCN8795_convert_20130831164441.jpg
にゃんごーるの爪とぎの跡は、まだしっかり残っています。



この一年はあっという間に感じました。

いろんな事に追われてるうちに過ぎてしまったような。。


何より、にゃんごーるが旅立って5か月半程で

DSCN8747_convert_20130831164355.jpg
みっけがやって来ました。


当時「果たしてこの子猫がにゃんごーるの生まれ変わりなのか!?」と
約束の毛色の事で悩みました。→

ずいぶん経ってから思い出したのですが、
にゃんごーるの葬儀の時に副住職さんは確か
にゃんごーるが生まれ変わってくるとしても
「よんよんの時のように分かりやすい状況は滅多にあるものじゃないと思います」と
おっしゃってたんです。
確か記事にも書いてたかと思います。→
「約束通り」って難しいものなのですね。

みっけは約束の白猫でもサビ猫でも三毛猫でもなかったですが
にゃんごーるの精いっぱいのアピールが
当時のいろんな「タイミング」だったのかな、なんて今は思っています。


とってもなつかしい初めてみっけに出逢った時の動画を
見たくなって探しました

[広告] VPS


ガリガリのまっくろけのみっけ。。



みっけは、にゃんごーるの部屋が大好きです。
夜、みんながリビングにいる時も真っ暗な部屋に一人で佇んでます。

DSCN8794_convert_20130831164518.jpg
にゃんごーるがよく寛いでたマッサージチェアの上はお気に入り。

私の勝手な感傷なのかもしれませんが、
長い間、外猫の暮らしをしてきたにゃんごーるが
病気がきっかけではありますが最後に
自分の居場所として一番安心できる場所として
この部屋で過ごしてくれました。

みっけは今、みっけとして暮らしていますが
みっけの魂の奥の奥のほうに、もしかしてにゃんごーるがいて
なんとなく好きな場所としてこの部屋にいるのかも・・なんて思ったりもするのです。


IMG_6502_convert_20130831165732.jpg


にゃんごーるがいないようないるような不思議な一年でもありました。
これからもきっと、いたりいなかったりして過ぎるのかな。。


ともあれ、とねこり家は引き続きみんなでわっしょいわっしょい進むのみなのです。




* * * * * * * * *


このところ殆どPC前にいられず、記事の更新もままならい日々です。
もうしばらくこんなペースになってしまうかもしれません。。

にゃんズはみんな元気にしています。




それでは、本日ここまで。
お越しくださり、ありがとうございました。
スポンサーサイト

お盆のにゃんごーる

このところ、何かと忙しく
あまりPC前にいられませんでした。
日々の楽しみであるブログめぐりも思うようにめぐれずにいました。

そんなこんなで久しぶりに伺った
人間せんせいのブログ「+++ ないしょの話 +++」では
人間せんせいが描かれた、楽しくてやさしい画が載っていました。
お空に旅立った猫さんたちがお盆でお家を目指しています。



august-wind-2013-4_convert_20130818155933.jpg


みんなで きゅうりの馬に乗り、賑やかに家路を目指します。
どんなにかお家に帰るのを楽しみにしていたことでしょう。


きゅうりの馬をひとつひとつ見ていくと、


そこに、にゃんごーるの姿を見つけました。。




cucu-13-boss-key-koo-nyangore_convert_20130818160007.jpg

先頭から、ボスちゃん、キイちゃん、空ちゃん、にゃんごーるです。


人間せんせいとは、ブログの行き来はあったものの
コメントでのやりとりはこれまでなかったのですが
にゃんごーるを描いてくださったのです。
にゃんごーるの長いしっぽがとっても嬉しそうに揺れているようです。。

思いがけないことに驚きと嬉しさで涙がとまりませんでした。




にゃんごーる、初めてのお盆だったね。

久しぶりに
IMG_5842_convert_20130818160501.jpg
お散歩コースを歩いてみた?



IMG_5780_convert_20130818160421.jpg
あっちこっち見て歩いたり



IMG_4903_convert_20130818160337.jpg
ごろんごろんもたくさんした?



お家では、いつもみたいに
IMG_6365_convert_20130818160929.jpg
とねこりの手をぺろぺろしてくれてたんじゃない?



IMG_6356_convert_20130818160847.jpg
にゃんごーるのゴロゴロの音、ふわふわの毛の感触がよみがえるよ。。



にゃんごーるがみんなと一緒にこんなに楽しそうにしてる姿を見て
すごくうれしくなったよ。

これなら帰り道もさみしくないね。



egg-13-koo-boss-kii-nyangore_convert_20130818160138.jpg

先頭から 空ちゃん、ボスちゃん、キイちゃん、にゃんごーる。

にゃんごーる、後ろを向いてお家のほうを見てくれてるのかな。
帰り道はゆっくりゆっくりね。




eggplant-night-2013-02_convert_20130818160055.jpg

みんな。。また来年ね。。



人間せんせい、本当にありがとうございました。




それでは、本日ここまで。
お越しくださり、ありがとうございました。

にゃんごーるへ。

きこどんは今日も上機嫌です。

DSCN0558_convert_20121004223756.jpg

体調が悪かった時は外でこんなポーズ、しませんでした。
一時は犬小屋に引きこもり、食欲も落ち心配しました

鼻水が出たりしたので結局風邪のようなものだったのかなあ、
大したことなくてよかったなあ、と安心したところで

ふと思いました。

きこどんでさえ風邪でこんな状態になるのに

にゃんごーるが闘病中、あんなにゴキゲンを貫き通してくれたことは
やっぱり奇跡のような日々だったんだなあ。。と。


にゃんごーるが旅立ってから1ヶ月が過ぎました。
ついこの間の事のようでもあり、
ずいぶん時間が経ったような感覚もあります。


あおくんの散歩の帰り、にゃんごーるのいた部屋に灯りがないのが
今も切なくなる瞬間だったりします。
DSCN0713_convert_20121004223906.jpg

でも、

にゃんごーるがあんな状態にありながらいつもゴキゲンにしていてくれたことに
今も感謝の気持ちしかありません。
病気になってからは切ない思いもたくさんしたけれど
一緒にいられる幸せも同時に感じていました。
たくさん甘えてくれるようになって、私を喜ばせてくれました。


IMG_8503_convert_20120621143017.jpg
うで枕をしたり、一緒にごろごろ転がって遊んだね。


IMG_9701_convert_20121004224332.jpg
ベランダでの思い出もいっぱい。

いつもゴキゲンで本当にありがとう。


お散歩も

本当は また一緒に行きたかったけど

IMG_6901_convert_20121004224546.jpg
一緒に歩いた道は、楽しい思い出であふれてるよ。。


IMG_7971_convert_20121004224637.jpg

IMG_9046_convert_20121004224253.jpg
どれもこれも絶対忘れない。


IMG_7763_convert_20121004224133.jpg

IMG_6906_convert_20121004224502.jpg

IMG_7577_convert_20121004224054.jpg

IMG_1081_convert_20120822192935.jpg

IMG_5005_convert_20121004224413.jpg

IMG_1071_convert_20121004224713.jpg

IMG_8120_convert_20121004224757.jpg

こんな、すてきな猫と暮らしてたんだね。。

寂しくてこんなこと言ってるんじゃないよ。(そりゃ、ちょっとは寂しいけど)

IMG_6498_convert_20121004224002.jpg

奇跡のような日々をありがとう。

にゃんごーるは 「猫ができてた!」



ちょっとにゃんごーるに一言伝えたくなったので記事にて失礼しました。。
スッキリしました!

それでは、本日ここまで。
お越しくださり、ありがとうございました。

にゃんごーるを送った日

ところで、ここにお越しくださっている方の中には
もしかしたら、ちょっとは気にしてくださっていた方も
おられるやもしれません。

「こはくのお尻は、その後どうなってるのか?」 と。


IMG_1305_convert_20120905190932.jpg
こはく 「お布団を毛繕いしてあげてま~す」

肛門嚢炎を患って、治ったと思ったらぶり返し
抗生剤の投薬を続けていました。(

にゃんごーるのことでドタバタしながらも
8月21日から10日間、投薬を続けました。
これでダメなら、麻酔を使って洗浄処置です。
目を血走らせながら渾身の投薬を続けた7日目・・・
なんと、もう片方の肛門嚢の出口付近が腫れて真っ赤になっていました。
投薬中なのに患部が広がるなんて!とショックを受けました。

そこで思いついたのが、にゃんごーるの耳掃除に使っていた洗浄液。
殺菌作用があるので、以前病院でこはくのお尻に使っていいか聞いたことがありました。
その時は「薬を飲んでいれば、その必要は無い」とのことだったのですが
薬が効いていないとなれば洗ってしまえ、とパシャパシャやってみたところ
翌日にはだいぶ赤みも引いて効果があったようです。

にゃんごーるが旅立った日に薬を飲み終わって
お尻の洗浄のみ続けていましたが、今のところ見た目は全く気にならなくなりました。
もうしばらく様子をみて、ぶり返さなければ治ったと判断できそうです。

IMG_1302_convert_20120905190854.jpg
こはく、お尻切なかったけど、薬もちゃんと飲んでくれておりこうだったね。
後ろでTVのお姉さんがお疲れさまのお茶、出してくれてるよ。


「えっ?」
IMG_1301_convert_20120905190815.jpg
あっ、医療保険に変わっちゃった。保険・・・入っとく?


そんな訳で、こはくのお尻騒動はなんとか終息しそうな気配です。


*****************************


にゃんごーるの葬儀のことをちょこっとお伝えしようと思うのですが
写真ににゃんごーるの亡骸が少々写っておりますので
「続きを読む」に入れておきます。

見たくない方、苦手な方はスルーしてくださいね。


IMG_0580_convert_20120806203503.jpg


続きを読む »

8月30日のにゃんごーる

旅立ったにゃんごーるに、たくさんのあたたかいメッセージ、
ありがとうございました。
こんなにたくさんのやさしい方々に見守られて
最後の時間を過ごし、送っていただけて
「にゃんごーる、本当によかったねえ~~!!」と
空に向かって叫びたい気持ちです。。。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

29日から、にゃんごーるの容態はかなり深刻でした。
ぐったりして力が入らない様子で、今までとは全然違う感じを受けました。
なので30日の朝、にゃんごーるの部屋に入るのが少し怖かったのですが
意外と元気・・というか、頭を上げてこっちを見ました。
ただ、朝から一切お水もスープも飲みませんでした。

しかしながら、ベランダのドアを開けると
ゆっくり出て行きました。

IMG_1262_convert_20120903113313.jpg

片手だけでしたがカリっと爪とぎもしました。
朝7:30頃です。
この時はまだ、まさか最後のベランダ散歩になるとは思いませんでしたが
動画を撮りました。

[広告] VPS


私が手を添えていますが、外にすごい力で乗り出して
飛び降りそうな勢いでした。
本当に落ちそうだったのであわてて動画を切りました。
手を添えなければ落ちていたと思います。
もしかしたらこの時、遠近感がなくなっていて、前に行こうとしていたのかもしれません。


部屋に戻るといつもは水を飲むのですが、やはり飲まずに寝ころんでしまいました。

IMG_1264_convert_20120903113354.jpg
さっきまでベランダにいたとは思えないぐったり感です。


昨年亡くなった実家の父の命日だった為
10:30頃お墓参りとちょっとした買い物に出かけました。
「お昼には帰るからね」と声をかけて出かけたのですが
いつもはこういう時、知らん顔で寝てるにゃんごーるが、頭を上げて
部屋を出て行く私をジーっと見ていたのが妙に気になって
11:50頃帰宅した時には買ってきたものを玄関に置いたまま
階段を駆け上がりました。

出かける時は部屋の一番奥にいたにゃんごーるは
ドアを開けるとすぐ足元のところまで移動して寝ころんでいました。
頭を上げていたので、ホッとして
何か飲ませようかとカーペットのほうに移動させようとしたところ
自分では起き上がろうとするものの
足がだらんとなって、すでに立ち上がることが出来なくなっていました。

それからは5分程で頭も上がらなくなって
意識が朦朧としてきたようでした。
心臓に耳を当てると心拍はとても早く微弱でした。
にゃんごーるに聴こえたかどうかはわかりませんが
身体をさすりながら”ありがとう”を伝えました。
ゆっくり歩くような動きで足を何回か動かした後
ことりと動かなくなりました。
心臓の音も止まっていました。12:15でした。





にゃんごーるがどんな思いで、どれだけ力を振り絞ってドアまで移動したのか
切なくてたまりませんでした。
それでも、待っててくれてありがとう と胸がいっぱいになりました。



にゃんごーるとのお別れは寂しいですが
”やりきった感”があるのも事実です。
余命宣告からの、この3ヶ月、
穏やかに、いつも通りにと願っていたことが叶えられたことは
すごい事だと思います。
外見はどんどん変わっていってしまいましたが
にゃんごーるがいつもゴキゲンでいてくれて、
亡くなる数時間前までベランダで爪とぎの”いつも通り”を貫いてくれました。

皆様からいただいたコメントも、前向きな言葉でにゃんごーるを送ってくださり
それがとても嬉しくて涙が出ました。
”よかった”という気持ちで送れるなんて、こんなありがたいことはありません。。
皆様にたくさん応援していただき、にゃんごーると向き合って過ごせた3ヶ月は
”闘病”ではありましたが ”宝物”そのものです。




・・・・・。

それにしても、もんちゃん。。
毎日にゃんごーるのお見舞いを欠かしたことがなかったのに、

IMG_1006_convert_20120903161904.jpg

にゃんごーるが亡くなる3日前からピタリと部屋に入らなくなりました。
やはり、何か感じていたのでしょうか・・。
部屋には入らないけれど、部屋の前から離れなかったもんちゃんは
にゃんごーるが旅立ったとたん部屋にも近付かなくなりました。
まるで、もうそこににゃんごーるがいないのが分かっているようでした。
私はもんちゃんを見て「にゃんごーる行っちゃったな」と実感しました。

そんなもんちゃん、やはりそれだけでは終わりませんでした。

今日全部書くつもりでしたが長くなってしまいましたので
次回にゃんごーるの葬儀の様子と一緒に書かせていただきますね。



それでは、本日ここまで。
お越しくださり、ありがとうございました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。