FC2ブログ

いきさつ

2月12日昼過ぎ、姉の家に電話したことがきっかけでした。
何度か呼んでも出ないので切りました。
姉は久しぶりの友人とスマホで話し中だったのです。
姉は固定電話が鳴ったのでディスプレイを見ると、私の番号。
その時姉は思ったのだそうです「このタイミングでかかってくるとは!」と。
姉の友人は、その日会社に迷い込んできた仔猫のことで
姉に相談していたのです。

姉から折り返し電話がきて、仔猫のことを知りました。

私が一番先に聞いたことは「何色?」でした。
なぜなのか知っていらっしゃる方もおられるやも知れません。
昨年8月30日、にゃんごーるが闘病の末旅立ち、
その時、お世話になっているお寺の副住職さんを通して
にゃんごーると約束していたことがあったのです。
生まれ変わって来た時には、三毛ちゃんかサビちゃんか白ちゃんでおいで、と。
そして私は「次に出会う仔猫が三毛かサビか白だったらにゃんごーるとして引き取る」と
決めていました。
(詳しくは昨年9月5日の記事をご覧ください。にゃんごーるの亡骸が載っているのでリンクはしません

さて、その仔猫は”三毛”とのこと!
「来たーーー!」と思いました。
写真を送ってもらいましたが、よく分からないので直接会いに行くことにしました。

出逢った時の仔猫の写真。
snap_tonekori6_201326214330.jpg
「この子は三毛?」

鼻の周りや耳の後ろ、お尻の辺りに茶色の毛がありますが
一見するとサバトラちゃんだと思いました。
こういう柄の三毛ちゃんもいるのでしょうか。。
この微妙な三毛(?)が私を悩ませることになりました。
正直、この子はにゃんごーるじゃない・・よね・・と感じはじめました。

仔猫が保護されたのは、姉の友人の経営する会社で
自宅からは高速を使って1時間程の場所でした。
標高が高く、とても寒い地域です。
その日の朝、会社の敷地内で一匹でふるえていたそうです。
何日も彷徨ったのか、とても痩せていて触るとごつごつした感じです。
写真でも分かりますが身体中汚れていてガビガビでした。
仔猫を触った手がまっ黒になりました。

DSCN4354_convert_20130216212853.jpg

仔猫はかわいいし可哀そうだけれど、わが家も5ニャン1ワンが住む大所帯、
にゃんごーるの場所は確保しておかねばならないし
闇雲に仔猫を引き取るわけにもいきません。
この時はどうしても毛色に納得できないままでした。
ほぼ引き取ることはないだろう、と感じていました。

ところがそんな帰り道の途中、にゃんごーるの事で当時から大変お世話になったある方から
数か月ぶりに突然連絡があったのです。
その方はとても感性が豊かで鋭く、にゃんごーるのことを深く思って下さっていた方でした。
昼に仔猫の話を聞いた時から、私はずっとその方に話したいと思っていたのです。
姉が私からの電話に驚いたように私も「このタイミングで!」と驚き、
その瞬間ににゃんごーるの声が聞こえたように感じました。
「あたしよ。」と。

その日インターネットで「三毛」について調べると、
知らなかったのですが「縞三毛」という柄もあることを知り
仔猫の柄によく似た猫さんの画像もありました。
でも何も考えずに仔猫の柄を聞かれたら、私は「サバトラ」と答えるなあ、と思ったり。。
撮ってきた写真をドライアイになりそうなほど見つめ続けました。

私が仔猫に触ったのは、もんちゃん以来4年半ぶりです。
このタイミングで仔猫の情報があることも何かを感じます。
仔猫がにゃんごーるじゃないと判断しても、以後確信がある子に会えるとも限りません。
後になって「やっぱりあの時の仔猫がにゃんごーるだったのか!」なんて思いはしたくありません。。

頭から煙が出てくるのではないかと言うほど考えました。
いや、煙出ていたと思います。
バチカンのコンクラーベのように、黒い煙や白い煙がモクモクと。。

迷いに迷ったその夜は雪が降りました。
仔猫が保護されてよかった、と心底思いました。



結局、後で後悔したくないし、このタイミングを信じようと思い
仔猫を迎える決心をしました。

初めに仔猫を「三毛」と言った会社の方、
仔猫を諦めようとしたところで連絡をくださった方、
その時のにゃんごーるの声。。
何より「出逢ってしまった」ということがご縁なのかな、とも感じました。




翌日、保護してくださった方が仔猫を病院に連れて行ってくださり
寄生虫やエイズ・白血病の検査等をしました。全て陰性でした。



DSCN4378_convert_20130217004343.jpg
にゃんごーるのキャリーを出してきました。


DSCN4392_convert_20130217004425.jpg
仔猫がしばらく過ごす部屋(にゃんごーるが使っていた部屋)に迎える準備をしました。



* * * * * * * * * * * *


仔猫を迎えるいきさつだけで随分長くなってしまいました。
わが家にやってきてからの事は次回にしようと思います。

とねこり家にやってきた超新星。

DSCN4457_convert_20130216213652.jpg
だんだん三毛っぽく見えてくるからおもしろい。。



それでは、本日ここまで。
お越しくださり、ありがとうございました。

スポンサーサイト