スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にゃんごーるを送った日

ところで、ここにお越しくださっている方の中には
もしかしたら、ちょっとは気にしてくださっていた方も
おられるやもしれません。

「こはくのお尻は、その後どうなってるのか?」 と。


IMG_1305_convert_20120905190932.jpg
こはく 「お布団を毛繕いしてあげてま~す」

肛門嚢炎を患って、治ったと思ったらぶり返し
抗生剤の投薬を続けていました。(

にゃんごーるのことでドタバタしながらも
8月21日から10日間、投薬を続けました。
これでダメなら、麻酔を使って洗浄処置です。
目を血走らせながら渾身の投薬を続けた7日目・・・
なんと、もう片方の肛門嚢の出口付近が腫れて真っ赤になっていました。
投薬中なのに患部が広がるなんて!とショックを受けました。

そこで思いついたのが、にゃんごーるの耳掃除に使っていた洗浄液。
殺菌作用があるので、以前病院でこはくのお尻に使っていいか聞いたことがありました。
その時は「薬を飲んでいれば、その必要は無い」とのことだったのですが
薬が効いていないとなれば洗ってしまえ、とパシャパシャやってみたところ
翌日にはだいぶ赤みも引いて効果があったようです。

にゃんごーるが旅立った日に薬を飲み終わって
お尻の洗浄のみ続けていましたが、今のところ見た目は全く気にならなくなりました。
もうしばらく様子をみて、ぶり返さなければ治ったと判断できそうです。

IMG_1302_convert_20120905190854.jpg
こはく、お尻切なかったけど、薬もちゃんと飲んでくれておりこうだったね。
後ろでTVのお姉さんがお疲れさまのお茶、出してくれてるよ。


「えっ?」
IMG_1301_convert_20120905190815.jpg
あっ、医療保険に変わっちゃった。保険・・・入っとく?


そんな訳で、こはくのお尻騒動はなんとか終息しそうな気配です。


*****************************


にゃんごーるの葬儀のことをちょこっとお伝えしようと思うのですが
写真ににゃんごーるの亡骸が少々写っておりますので
「続きを読む」に入れておきます。

見たくない方、苦手な方はスルーしてくださいね。


IMG_0580_convert_20120806203503.jpg






8月31日。11時からにゃんごーるの葬儀を予定していました。

前日から、できるだけにゃんごーるの側についていました。


IMG_1289_convert_20120905201756.jpg

お別れは充分できたと思います。
できればちょっとは庭に連れて行けたらとも思いましたが
天気も良くて暑かったので諦めました。

よんよんの時もそうでしたが、いよいよ時間になって
家から連れ出す時が一番つらい事でした。
いろんな思いのつまったお部屋を出れば、一気にお別れになってしまいます。


DSCN0066_convert_20120903113509.jpg


さすがに泣けてしまいましたが「さあ、行こう」とにゃんごーるを抱えて
部屋を出ました。


すると、にゃんごーるの部屋に近付きもしなくなっていたもんちゃんが
ドアの前で待っていてくれました。
最後のご挨拶なので、一度にゃんごーるを床に下ろしました。


IMG_1296_convert_20120903113644.jpg

もんちゃん、にゃんごーるをジッと見つめて
そのまま、玄関までついて来て見送ってくれました。。。


お寺に着いて、葬儀は滞りなく進みました。
お経をあげてくださる副住職さんは、亡くなった子が詠んでほしいお経を
その場で選んでいるそうです。
今回、にゃんごーるのお経は今まで聴いたものよりも少し長いように感じました。

お経が終わって火葬の間、副住職さんとお話ししました。
よんよんの時の記事を読んでくださった方はご存知かと思いますが (
副住職さんは、お経を詠みながら亡くなった子の気持ちを感じるそうなのです。

副住職さんは「にゃんごーるちゃんが亡くなったと知った時は
もっと生かしてあげたかった、と思ったのですが、そうではありませんでした。
にゃんごーるちゃんは、ものすごくがんばって、
ちょっと信じられないくらいなのですが、本当ならもっと前に亡くなっていたところを
気力だけでここまできたようですよ。本当に限界でした。。
よっぽどとねこりさんのところに居たかったのでしょう。」とおっしゃっていました。

正直、何ともいえない複雑な気持ちになってしまいました。
私は意識してにゃんごーるに「がんばれ」は言わずにきました。
思うところはいろいろありますが
にゃんごーるが自分の意思でそうしたくてがんばったのなら
「よくがんばったね」と褒めてあげたいと思います。



それから、副住職さんが言うには
「にゃんごーるちゃんは、いずれにしてもとねこりさん家に居たい気持ちが強いので
 悪い意味ではなく、家を守る役目をもってそこに残るか、
 あるいは生まれ変わってくるかもしれません。」
そして ”やれやれ”というふうに笑って 「生まれ変わりそうですね」と。

「よんよんの時のような例は、めったにあるものではないですけどね」とも言っておられましたが
私はこっそり
「生まれ変わるなら、三毛ちゃんかサビちゃんか白ちゃんでおいで。」と
にゃんごーるに言っておきました。

お骨をひろい、葬儀は終わり、
お寺を出てすぐに気付きました。
写真を撮らせてもらうのを忘れてました。。。

帰宅すると、きこどんが玄関で迎えてくれました。

IMG_1298_convert_20120905215420.jpg

この扉を開けて、またいろんな出来事が始まるんだなあ、と
ぼんやり思いました。



やっぱり、長くなってしまいました。。
たくさん読んでくださって、ありがとうございました。
それでは、本日ここまで。

スポンサーサイト

トラックバック:一覧

コメント:一覧

#723 No title
にゃんごーるちゃま☆ホントにお疲れさまでした。もっととねこりさんと一緒にいたかったんだね。よくがんばったね。
もんちゃんもきこどんもきっと他のみんなも何かを感じているんでしょうね。特にもんちゃんは何を思ったんだろう・・・きっと「にゃんごーる姐さんお疲れさま。」って最後は言ってあげたような気がする。
お別れは本当に辛いけど、悔いのない生き方をしたにゃんごーるちゃんに拍手を送りたいです。

こはくちゃんのおしりも快方に向かってよかったよかった!!
#724 No title
にゃんごーる姐さん、ほんとにお疲れさまでした。
もんちゃんは最後にご挨拶したんですね・・。
こはくちゃんの記事を拝見してから、
ひじきのお尻をしみじみみるようになりました。
嫌がられています(笑)


コメントありがとうございました。
あおくん、そうだったんですねー。
きいろさん、シアワセに出来るようにしたいとおもいます。
#725 No title
副住職さん亡くなった子の気持ちが感じられるなんて凄いですね!
にゃんごーるちゃん、とねこりさんちでもっと居たかったから頑張ってたなんて・・・泣けてきた(;_;)
居心地良かったんだね
とねこりさんの優しさが伝わってきます
我が家から旅立って行った子達もそう思ってくれてればいいのになあ~
聞きたいような聞きたくないような(^^;)

こはくちゃんのおちり良くなってるようで良かった(*^_^*)


#726 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#727 No title
にゃんごーる姐さん、お疲れ様でした。
気力を振り絞ってでも、とねこりさんのそばにいたかったなんて・・・。(;_;)
にゃんごーる姐さん、どれほどとねこりさん一家に感謝していることでしょう。
それに、また戻ってくるんですね。
私も楽しみにしてます。

こはくくん、もうちょっとだね。
がんばれー!!
それにしても、治りそうになったら、反対側が・・・って。。。orz

ごめんなさい、人様のおうちのねこさんのことなのに、
なんだか悲しすぎて、うまくコメントできません。
#728 No title
いつもね、
とねこりさん、にゃんごーるちゃんと一緒に居たいけど
無理言って辛さを与えてもって 思っていはるのかな〜と
感じる事もあって・・・・
住職さんのお話し、悲しいけど、救いなるように思います。(どうでしょうか)
一旦、病いの身体から離れたけど、荼毘にふして
にゃんごーるちゃん、また健康な身体を取り返したようかもしれませんね

そして、最後のにゃんごーるちゃん、きれいです
お花が艶やかで、首に花の輪をかけているようです。
美しい

こはくちゃん、最後でゴメン、このまま治れ〜なおれ ! !
あっ前回これで治らなかったから、験が悪いかな(笑)



#729 *いそさとさん*
もんちゃんは猫同士だから、にゃんごーるのがんばりを
解っていたかもしれないですね。
最後に挨拶に来てくれて、私としてはとてもうれしかったです^^
にゃんごーるには、私も拍手を送りたいです。笑顔で。。

こはくのお尻、ホントこれで”終ケツ”してほしいです^^;
あと1週間くらいは気をぬかず、観察を続けます!
#730 *tomoさん*
にゃんごーるに労いの言葉、ありがとうございます。
tomoさんがいつも”にゃんごーる姐さん”って呼んでくださって
とっても嬉しかったです^^

ひじきくん、お尻見られちゃってるんですね~笑
こはくは以前からお尻を見られたり触られたりするのを
すごく嫌がっていたんですが、さすがに慣れたのか気にしなくなりました。
洗ったのが気持ち良かったのかな・・
ウォシュレットがクセになるのと同じ心境でしょうか笑

きいろさん、すでにしあわせそうに見えちゃうんですけど~^^
おりこうにtomoさんに抱っこされて来たんですよね・・(じんわり)
何よりひじきくんが受け入れてくれたのがよかったですね^^
#731 No title
にゃんごーるちゃんのお花に包まれた姿はとても綺麗で
「あー良い人生だった。幸せだったよ。とねこりちゃん
またねーv-238」体中でそう言っていたように
感じました。
さくらも人生の終わりに「あー良い人生だった。」と家族に
言ってお別れしたいな。
#732 *みかんさん*
副住職さん、すごいですよね。
一緒に暮らしている子達や、旅立って行った子が
何を思ってるのかって、気になるけど確かにちょっと怖いですよね^^;
でも聞くまでもなく、通じ合ってるものがあるって信じたいですね~。

こはく、今日もお尻を気にする様子もなく、イイ感じです^^
でも、まだ油断しませんよ!あと少し!
#733 *夕霧さん*
夕霧さん、にゃんごーるに労いの言葉ありがとうございます。
多分私が想像してたよりもずっとがんばってくれていたにゃんごーるに
今になってさらに感謝の気持ちがあふれてきます。。
こんなにやさしい猫さんと暮らしていたんだなあ、って。
きっとまた会いたいです^^

お尻って切ないですもんね・・^^;
こはくには今度こそスッキリしてほしいと願ってます。

夕霧さん、お忙しい中コメントありがとうございました。
かわいいめいちゃんに会いに、また遊びに行かせていただきます♪
#734 *N.yasuさん*
副住職さんとお話しした時はすごく複雑な気持ちになりました。。
「そんなにがんばらせちゃってたの?」って。
でも確かに救いになったのかもしれません。
にゃんごーるに直接言わなくても”一緒に居たい”って私の願いを
にゃんごーるが命を使い果たして叶えてくれていたんですもんね・・
素直に感謝したいと思います^^

にゃんごーるの写真載せるのは不謹慎だったかと悩み続けていましたが・・
N.yasuさんにそう言っていただけてよかったです。。
ありがとうございます。

こはく、今度こそ!!
こはくのお尻ばっかり見ていて、夢に出そうです^^;
#735 No title
こはくさん、洗浄液が効いたのでしょうね。良くなってきてよかったです!
とねこりさんのおかげですね^^b
このまま、完治しますように!

にゃんごーるちゃん、綺麗なお花に囲まれてとっても綺麗です。
こんなふうに見送ってもらえてしあわせですね。
白く美しい毛と魅力的な瞳、思い出します。

もんちゃんもお見送りしたのですね!
旅立ちがわかったんでしょうか。すごいですね。
もんちゃんはとねこりさんの気持ちに寄り添っている気もします。

以前コメントににゃんごーるちゃんは特別な生命力を持っている、と書きましたが、その生命力は、とねこりさんと一緒に居たかったからこそだったんですね。
胸がいっぱいになりました。
にゃんごーるちゃん、きっと戻ってきますね。
今度はちびちゃんのころからとねこりさんと暮らせるといいなぁと思います。
とねこりさんのところに戻ってこられるよう祈ります。

最後できこどんがいつものようにお出迎え、そしてとねこりさんの言葉。
もう号泣しちゃいました。。。。。

ああああ、また長くなっちゃいました。いつもながらすみません。

前回のコメントのお返事ですが、雄猫も飼ったことあります。
うちで産まれて、半年くらいだったでしょうか、里子にだしました。
なので一緒に暮らしたのは短い期間でした。後は全部女の子です^^
#736 *さくら3233さん*
さくらさんがにゃんごーるの写真を見て
そんなふうに思ってくださって、すごくすごく嬉しいです。
私も思いっきり手を振って「またねー!!」って気持ちになりました。
いろんなことがこれからもきっとあっても
人生の最後には笑顔でいれたら最高ですね。
見送る人にとっても、それが救いになりますよね。
(にゃんごーるに救われたとねこりです^^)
#737 No title
こんばんは

こはくちゃん、おちりきれい、になったそうで
よかったですね。
人だと洗う・消毒は真っ先に思いつきますが、
ネコさんだとストレスになったりしますし、
洗った後が気になって、グルーミングしちゃったり、
と、どう処置するかは、難しいんでしょうね。

にゃんごーるちゃん、旅立ってしまったんですね。
もんちゃんも、最後のお別れは、きちんとできて、
なっとくできたんでしょうかね。
でも、いろいろ不思議な住職さんの仰られることですから、
またとねこりさんのところに、やってくるのかな。
#738 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#739 No title
こはく君、イイ感じに治ってきてよかった~
抗生剤の効き目は個人差がありますもんね^^
荒療法もいい結果になりそうでよかった~^^/

にゃんごるーさん、三毛ちゃんかサビちゃんか白ちゃんの姿での登場、待ってるよ~~
#740 がんばったね。
ありがとう。にゃんごーるさん。

忙しさにかまけて訪問してなかったら...
つい最近こんなコメントを書いたような、
こはる姐さんといい、ジェイさんといい...
いつか通る道ですが、遣る瀬ないですね。

でも、よんよんさんもそうだったし、にゃんごーるさんも
とねこりさんちの猫さんは、凛として旅立たれましたね。

にゃんごーるさん、もんちゃんみたいに...
みんな待ってるからね。
ありがとう〜。
#741 *いろはさん*
こはくのお尻、見た感じはもうOKですが
前回のことを思うと油断はできず、
じりじり、ギロギロお尻を監視しています^^
この夏は、にゃんごーるのこともありましたが
こはくのお尻を見続けた夏でもありました・・^^;

私、もんちゃんんがにゃんごーるを見送ってくれたのが
すごくうれしかったんです。。
でもいろはさんが言ってくださるように、もんちゃんは
私の気持ちに応えてくれていたのかもしれませんね・・ホントそんな気がします。

いろはさんのコメントで「特別な生命力」ってとても印象的でした。
あの時、いろはさんがそう感じていた時、
まさににゃんごーるは気力でやっていた時期だったと思います。。
いろはさん、すごいです。
私は当時にゃんごーるのそこまでのがんばりを見抜けなかったですよ。。

ぜひぜひ今度はちびちゃんのにゃんごーるに会いたいです^^
にゃんごーるがいなくなって、男所帯みたいになってしまったので
女子猫さんを強く希望します^^ (そんな理由で..汗)

長いコメントも大歓迎です^^
私もいつも伝えきれない想いでいっぱいです。。^^;
#742 *shah-sanさん*
こはくは元々お尻に触られたりするのをすごく嫌がって
病院でもあばれて採便できないんです。
でも今回あまりに頻繁にお尻を見られるので
少し慣れてきてたので洗浄できました。
洗浄液がヒンヤリするからか、はじめか細い声で
”うきゃー”って言うのがおもしろくて笑っちゃうんですけど・・ゴメン。

にゃんごーる、自分のできることやりきって
元気に旅立てたと思います^^
どんな形にしろ、また会えたらいいなと思います。。
#743 *ほんなあほなさん*
かれこれ2ヶ月近くかかってしまいましたが
こはくのお尻もこれでどうかスッキリ完治してほしいです。
お尻を見続けた夏が終わろうとしています。。。笑

三毛、サビ、白、単純に自分の好みなんですけど・・^^;
にゃんごーるがどんな判断をするのか楽しみです。
#744 *オレクマさん*
コメントありがとうございます。

そうですか。
存じ上げなかったですが、こはる姐さん、ジェイさん、
にゃんごーると同時期に旅立たれたんですね。。
みんなで思い出話でもしてくれてるといいなあ・・

よんよんのことも知ってくださっていて嬉しいです。
よんよんやもんちゃん、にゃんごーる、他のみんなも
せっかく出会えたご縁をずっとつないでいけたら、と思います。。
生まれ変わるばかりが縁ではないですが
どこかできっと繋がってると信じたいですよね^^

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。