FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒猫のりお の話 (後編)

前編では、のりお(通称のり)の思い出をお話しさせていただきました。(→
後編では、のりが亡くなってからの出来事をお話しします。


のりが亡くなったのは11月29日の深夜。
ちょうど日付が変わる時でした。
のりらしい静かなりっぱな最期でした。
気持ち良く眠っているようなお顔は、私達を穏やかな気持ちにさせてくれました。


_364537_convert_20121203162152.jpg
(父の横でくつろぐのり。)



2010年12月1日。
姉と二人でのりをお寺に連れて行ったのは確か11時だったかと思います。
こちらのお寺にお世話になるのは2年ぶりの2回目。
前回はよんよんを送った時でした。

ごく簡単な受付をして祭壇に進みました。
のりの顔を見た副住職さんは、のりに
「あ~、よかった、楽しかったね~。」と声をかけてくれました。

お経が始まり、いろんな出来事や、のりの最後のがんばりを思い出しながら
お経を聴きました。
以前よんよんの時に副住職さんが「お経は本当に力があるんですよ」とおっしゃっていました。
本当にそう思えるようなお経です。

お経が終わり、最後のお別れをして火葬となりました。
火葬が終わるまでの1時間半程の間、副住職さんとお話をして待ちました。

よんよんの葬儀からもんちゃんに出逢うまでの報告をしますと
「帰ってきましたか!よかったよかった!」と一緒に喜んでくださいました。

のりについては「毎日とても楽しかった」とのことでした。
のりは大人しい猫で、あまり人にもベタベタに甘えたりはしませんでした。
甘えたい時には父の膝に行き、しつこく触られたりもせず、でもとても可愛がられ、
「楽しかった」というのは納得、でした。

IMG_2154+-+繧ウ繝斐・_convert_20121203162309
(お店のファンヒーターの前を独占)


そして
「身内の方で、首と肩が痛い方はいませんか?
 お経を読みながら、右の肩と首が痛くなったので、のりに首が痛いのか?と聞くと
 <自分ではなく、身内に首と肩が痛い人がいる>と答えたのですが。」とのこと。
私は驚きました。
首と肩が痛い人がいるもなにも、まさに私のことでした。。


実はその年の8月、交通事故の被害に遭っていたんです。
とても大きな事故で、全国版のニュースでも放送されたほどでした。
私は助手席にいたのですが、鼻の骨を折ったり、肋骨には何か所かヒビが入り、
衝撃でシートベルトが鎖骨の辺りをえぐってしまったり
打撲やキズは数えきれない程でした。
外傷は時間とともに少しずつ治りましたが、とにかく一番酷い症状はムチウチでした。
事故から4か月近く経っていましたが、首と右肩の痛みは酷く、
右の方に首を曲げたり回したりすることが出来ませんでした。
特に眠った後などには固まってしまうらしく、
首を動かし始める時に痛みとともにメリメリ音がしました。


「それ、私です。」と申告し、8月の事故の事を説明しました。
副住職さんは驚いていましたが
「のりが、とねこりさんの首と肩を心配してるようですね。」

・・・。

のりよ、自分がツライ時にそんな心配してたのか!

亡くなる日の昼間、のりが気になって様子を見にいきました。
もう頭を上げることもできない状態でしたが
のりの肉球を人差し指で撫でながら声をかけると
私の顔をジッと見て、私の指をキュッと握ってくれたのを思い出しました。

_1093049_convert_20121203182945.jpg (その時の写真)

副住職さんは「もしかしたら、少し(首が)楽になるかもしれませんね」と
おっしゃっていました。。

よんよんの話や、副住職さんの修業に行った時の話なども聞きながら時間となり、
お骨を拾い、葬儀は終了しました。

のりを実家に届け、帰宅したのが15時頃でした。
「はあ・・」とソファに座ると、ここ3日間の徹夜の疲れが一気に出てしまい
ものすごい眠気がやってきて、気を失うように眠ってしまいました。。

気が付くと16:30でした。
↑にも書きましたが、眠って起きた時が一番首が痛くなります。
しかも、ソファで不安定な姿勢で眠ってしまったので
「やっちゃった・・」という気持ちです。
覚悟を決めて、少しずつ首を動かしてみました。


痛くない。


え?


いつもはメリメリ音をたてていた首が・・


ちょっと回してみる。。


なんともない。


結構まわしてみる。


なんともない!!



治っちゃったんです。
もしかしたら、今後何年も、いやずっと治らないかもしれないと思ってた首と肩の痛み。
跡形もなく消えました。

そして、その瞬間から今まで、
ただの一度も痛みはもう戻ってきませんでした。


* * * * * * * * * * * * * *


私は当時この話をある人にしたところ
「ちょうど治る時期だったんじゃない?」と言われました。
何も証明できないし、ただ首が治った事実があるだけです。
捉えかたはいろいろだと思いますが
私はやはり、
「ありがとう」と言わせていただきたい。


_260729_convert_20121203162118.jpg

この、やさしい猫に。。



みんなを大好きにさせた黒猫さんに。。


DSCN2276_convert_20121203162356.jpg

のり、ありがとう。

とねこりの首は、今日もグルングルン回ってるよ!



長い記事を読んでくださり感謝します。
お越し下さり、ありがとうございました。

それでは、本日ここまで。

スポンサーサイト

トラックバック:一覧

コメント:一覧

#1421 No title
こんばんは

凄いお話ですねぇ。
そんな大きな事故に合われていたのですか。
首の痛み、「楽しかった」のお礼のつもりだったのかな。

この副住職さん、とねこりさんだけで
これだけお話があるのですから、
実際はもっと、こういうお話をお持ちの方が、
たぶん、いらっしゃるのでしょうね。
きちんとご葬儀してくれるところを探すのも
大変だというのに。
いいお寺ですね。
#1422 No title
不思議な力を持った猫さんて、いますよね。
今のところ、家にいる子たちはそういう素振りを
見せませんが、かなり昔ですが祖母を救ってくれた子がいました。
猫さん達って、時々何かを考えている目をしています。
こちらの考えている事を見透かされている様な気がする時が、
あり、きっと「あなたが、大好き」と考えていると、
ちゃんと伝わっているんですよね。

#1423 No title
のりちゃんが持って行ってくれたんですね。
理屈では説明がつかないことってあるんだと
思います。
のりちゃんのとねこりさん家族への感謝の気持ち
だったんですね。きっと。。。
のりちゃん、やさしさを教えてくれてありがとう♪
#1424 No title
のりおさん・・。
お土産に持って行ってくれたんでしょうか。

そんな大変な事故を経験されていたんですね・・。
とねこりさんの首がぐるんぐるん回ってよかったです!
ぐるんぐるんてー!(笑)
#1425 No title
無償の愛を、無償の愛で応えてくれたのでしょうか。
胸が熱くなりますね。
とねこりさんが、そんな大きな事故に遭われてたのに、まず驚いてしまいましたけど・・・。
あんまりグルングルン回さないで下さいね?
またスジを痛めちゃいますよ~~。
#1426 No title
すごぉい!!
のりくん、ありがとう~!!←何で私が?

とねこりさんの不思議なお話は、いつも心があったかくなって、優しい気持ちになって、涙が出てきます。
あたたかいブランケットでふわっと包み込んでくれるような。。。
今日も幸せな気持ちにさせてくれて、ありがとうございます。^^
#1428 No title
不思議な話しですね
のりちゃんは 海苔ちゃんかな? ちんまりしたネコさんですか?
なんか、我が家の海松に 似てるような・・・
すごく似ています

不思議ですね 私が こんなお話しを聞いてるって事も 
不思議な感じがします。 縁って 不思議です。
#1429 こんばんは
副住職さんのような方は、いらっしゃるのだと思います。
他人の死や苦しみに接していくうちに、そういった
感覚が研ぎすまされていった方なのではないでしょうか。

どの子も見送る時は、どんなにかお辛かったことと思いますが、
とねこりさんは、こんなに素晴らしい猫さん(犬さん)達に出会い、
一緒の時間を過ごされたのですね。
#1430 No title
とねこりさん、大変な事故に遭われていたのですね。
怖い思いをされましたね。

そして、のりくんのお陰でムチウチが治ったこと。
こんな不思議なことがとねこりさんの周りではいっぱい起きているような気がします。
のりくんの、とねこりさんへの感謝の気持ちが、ムチウチの痛みを取ってくれたのでしょうね。

とねこりさんのブログを読んでると、いつもどんどん引き込まれていきます。
まだまだいろんなお話してくださいね。
楽しみにしています。

#1431 No title
のりちゃーーん。泣
前半もかなりグッと来ましたが後半も泣けた。賢く健気なのりちゃん。本当に幸せな猫生だったんだね。きっととねこりさんにいっぱいいっぱい感謝してたんだと思います。

それからとねこりさん、大きな事故に遭われてたのですね。びっくりです。首がぐるんぐるんできるようになってホントによかった☆
#1432 No title
不思議なお話なら、よんよんの回で大きな衝撃と感動を頂いて免疫?ありましたが、
今回ののりちゃんのお話もまた
とねこりさんに相応しい、素敵なお話でした!
沢山可愛がってもらって幸せだったのりちゃんが、
せめてもの「恩返し」で施してくれたのでしょうね。
一時間半とかからずに痛みを持ち去るだなんて、
のりちゃんの想いが強くなければ出来ない事でしょう。
粋な事しますね、のりちゃん!

そんな大変な事故に遭われていたこと・・・驚きでしたが、
きっととねこりさんには猫たちの守護が付いているに違いありません!
#1433 No title
偶然じゃないですよね。
私たちが彼らを思うみたいに、
彼らもまた私たちを思ってくれているって。
一緒に過ごして、見送った今はわかりますよ(*^v^*)

のりさん、ステキな猫さんだったんですね。
とねこりさん、大切な思い出をおすそわけ
してくださってありがとうございます。
#1434 No title
世の中にはいろんな不思議がいっぱいありますが
のりお君のお話はとっても暖かい不思議ですね^^
素敵なお話をありがとう^^
#1448 *shah-sanさん*
副住職さん自身は葬祭や祈祷などで普段から
いろいろ感じていらっしゃるんでしょうね。。
他の方のことはお聞きしてないのですが
こちらのお寺で大切なメッセージを受け取った方も
いらっしゃるんでしょうね。
偶然のようにご縁ができたお寺ですが
本当に感謝しています^^
#1449 *猫豆さん*
猫豆さんのおばあ様を救ってくれた猫さんがいたんですか!
どんな状況だったのか、とっても気になります。
すごいですね。。
猫さんが亡くなって病気が治ったというような話は
少なくないですよね。
実際自分が体験するとは驚きでしたが^^;
記事に書きましたが、のりが亡くなる日の昼、私の顔をじっと見てた時
まさに心の中をのぞいているような感覚がありました。
こちらの想いもちゃんと受け取ってくれてるんだと思うと
また愛しくなりますよね。。^^
#1450 *レオちゃんママさん*
のりが私にしてくれたことは、
当時の私にとって本当にすごいことでした。
毎日痛みと戦っていたので。。
おかげで普通の生活パターンに戻って
精神的にも楽になりました。
やはり”偶然”で片づけられない出来事だったと思います^^
のりには感謝ばかりです^^
#1451 *tomoさん*
のり、お土産に・・。
袋につめて肩に担いで行く姿を想像してしまいました^^

首が痛い間は、どうしても事故を思い出してしまって辛かったですが
身体が元に戻ったことで、心身共に本当に楽になりました。
今では連獅子もできそうですよ笑
#1452 *なっつばー さん*
のりとお別れするのは寂しかったですが
最後の最後でのりとの思い出を感謝でしめくくれたのは
とてもありがたい事だったと思います。。
当時、首はとても切ない状態で、どうしても事故の記憶と重なってしまい
辛かったのですが、
首が治った事で心身共に本当に楽になれました。
首をグルングルン回さずにはいられない気分でした^^
#1453 *夕霧さん*
やっぱり「ありがとう」って言いたくなりますよね~^^
犬猫さん達と暮らしていて、たまに「何を考えてるのかな~」と
知りたくなったりしますが
きっと一番大切な気持ちや伝えたいことは
感じてくれているんだろうなあ、と思います。。
そして彼らのほうからもちゃんと関わって繋がってくれようと
してるんだな、と思うと本当に胸がいっぱいになります。
こんな気持ちにさせてくれる存在って、愛しくて仕方ないですよね^^
#1454 *N,yasuさん*
N,yasuさん、そのとおり!
のりちゃんは海苔ちゃんです~^^
出逢った頃はやせっぽちのちんまり系だったのですが
2・3年で貫録を見せるようになってからは体重6Kgはありました。
海松くんに似てますか?なんか嬉しい~^^
最後のアップの写真とか似てるような気がします^^どうですか?

本当にご縁って不思議ですよね。。
一年前の自分にはブログでたくさんの方とご縁がつながる今の状況は
想像出来ませんでした。
不思議でありがたいです^^
#1456 *ahooさん*
ともすると私の思い込みのような出来事だったのかもしれませんが、
やはり副住職さんの言葉を信じずにはいられません。
愛しい子達からの優しいメッセージを
素直な気持ちで私も受け止めたいと思います^^
不思議なことがあるとか無いとかではなく、
ちゃんとお互いの想いは伝わってるんだなあ、と分かったことが
何よりもうれしいですよね^^
#1457 *ぐうたらかあさん*
事故は、本当に怖い体験でした。。
今でも思い出さない日はありませんが、
首肩の痛みがあった頃は、痛みがそのまま事故の記憶と結びついてしまって
辛い思いをしていました。
のりは痛みを取っただけではなく、心身ともに事故からも解放してくれたんです。。
のりがしてくれた事へのお礼は
目の前にいる子達に返していきたいと思います^^返しきれないですけどね^^;
猫さん達と過ごす日々、これからまたどんな事があるのでしょうね。。
#1458 *いそさとさん*
のりの生活は、本当に”自由”そのものだったと思います。
外に出る子はキケンもありますが
のりはのりなりに楽しんでいたみたいでした。
私は主に病院担当だったので嫌われ役だったんですが
「大事な子だから病院に連れていくんだよ」という気持ち、
伝わっていたんでしょうか・・^^;
事故の後遺症、本当に一生付き合っていかなければならないかと
思っていました。そのくらいの症状でした。
おかげさまで、ぐるんぐるんの日々です^^v
#1459 *TOKITTYさん*
猫さんやわんちゃんが亡くなった時に病気が治ったりする話は
時々耳にすること、ありますよね。。
まさか自分が体験するとは思いませんでしたが、
有無を言わさない仕事っぷりを見せてもらったようでした^^
事故の記憶はとても怖いものでしたが、
私の中での事故の記憶を、のりに対する感謝の気持ちで終わらせてくれた
ことは本当にありがたいです。
のりが示してくれたような想いで、私も猫さん達を守ってあげられたら
いいなあ、と思います^^
#1460 *まめちゃろさん*
まめちゃろさん、そうなんですよね。
よんよんやのりが見せてくれたことは、
何よりも
”私たちが彼らを思うみたいに、彼らもまた
私たちを思ってくれている”ってことを教えてくれてたんだと
感じます。。
のりは、黒猫さんならではの静かさと深さを持った子でした。
今ものりの穏やかな眼差しを思い出して癒されます^^
#1461 *チャキアさん*
のりが見せてくれた出来事は、
単純に「痛みが消えてよかった」ということだけではなく、
お互いの気持ちが伝わり合ってるんだということを
分からせてくれたように思います。
今一緒にいる子達ともきっと繋がってるんですよね^^

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。