スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青ざめた話

一昨日の出来事です。


日中、二時間程出かける用事があって、支度をして外に出ると
きこどんの姿が見当たりませんでした。
畑の方にもいないし、気になったので
もう一度家に入り、きこどんの部屋をのぞいてみました。
いつものベットにはいませんでしたが、念のためと押入れを覗くと
押入れの中のベットで眠ってるきこどんを発見。
ホッとして出かけました。


帰宅して玄関に入ると、すぐに何処かから猫の細い鳴き声がしました。
声からして、こはくかちゅうじのようでした。
何かいつもと違う雰囲気を感じて居間に行くと、ちゅうじはソファで眠っていました。
こはくは何処?
声がしたのは遠くではなかったので、玄関のすぐ横にあるきこどんの部屋が気になって
まさかと思いながらふすまを開けると

きこどんの部屋からこはくがスルリと出てきました!
きこどんはいつものベットで眠っていました。


どうやら出かける前にきこどんの部屋を確認した時に
こはくが部屋に入ってしまったらしく、それに気づかずに
こはくをきこどんのへやに閉じ込めたまま出かけてしまったのです。


きこどんはエイズキャリアですし、以前こはくと取っ組み合いのケンカをしたことがあり、
以来、完全に住み分けをしていました。
こはくときこどんが顔を合わせたのは、実にそのケンカ以来初めてなのです。


そればかりか、きこどんは日中 外への出入りが自由なので
窓が開いていたんです!


DSCN2821_convert_20130110174803.jpg こんな感じで。



ーーーーーー。


頭が真っ白になりました。


幸い、本当に幸い、ケンカをした様子はなく、
こはくも怯えたり怒ったりもしていませんでした。
きこどんは私が出かける時は、押入れの中にいましたが
帰宅時はいつものベットでした。
一体こはくは部屋のどこにいたのかと、あちこちを触って体温の残る場所を探しました。
押入れの入口でした。


snap_tonekori6_201313175613.jpg

きこどんのいつものベット(写真)は机の上にあります。
こはくは、きこどんの下あたりにいた模様です。


何事もなく済んだことには感謝するしかありませんが
簡単に「良かった」なんて言えません。
何事もなかったのは偶然でしかないですし、
ケンカをして二匹が怪我をしたり、ましてこはくが外に出て、いなくなってしまっていたら
今こうして記事を書いてるどころではありません。。


普段からドアの開け閉めは気を付けていましたが
心底考えさせられました。
危険なことは目の前にあるのだという事、
今まで起こらなかった事は今後も起こらないなんてないという事、肝に命じます。


・・・・・・・。


きこどん。。こはくをそっとしておいてくれてありがとう。

DSCN3912_convert_20130123174727.jpg
よしよしよし。。


DSCN3908_convert_20130123174807.jpg
よ~しよしよしよし。。。



今朝、
DSCN3914_convert_20130123174612.jpg
こはくを膝に乗せていて、涙が出た。

このしあわせは「当たり前」なんかじゃない。
自分で守って行くものなんだ。。


心底青ざめたけれど、これからの力に変えようと感じた出来事でした。




反省しきりのとねこりですので、本日ここまで。

お越しくださり、ありがとうございました。

スポンサーサイト

トラックバック:一覧

コメント:一覧

#1800 No title
こんばんは

それは、驚いたでしょう。
でも、何事もなくてよかったですねぇ。

こういう事故を防ぐには、やっぱり2重ドアでしょうか。
まぁ、部屋の中の入り口を囲うように、
ちゃちいフェンスを置くだけですけど。
(口の字の一辺が戸、三辺がフェンスみたいな)
要は、人が出入りする際に通るネコさんが、
一旦止まればいいわけで。
きこどんが戸を通ることは考えてないので、
もしかすると無理かもしれませんが。
#1801 No title
猫さんて、気配なく入り込みますからね~~・・
わかります!うちでも、「なんでここにいるの!?」
とギョっとする時があります。

こはくちゃんがドアから出てくる感じが
スルリということなので、きっと喧嘩も
してなかったのでしょうね。
険悪になっていたら、もっと緊迫した感じで
飛び出してくると思うのです。
きこちゃんもこはくちゃんも、本当に
おりこうさんでしたv-218
とねこりさんもご心配されたことでしょう・・。
何事もなくて本当によかったです。e-257
#1802 No title
ハラハラしながら読んでいましたが、何事もなかったようで本当にほっとしました。

うちでは、トイレから出た時にこうめが中に入り込んで、そのまま閉じ込めてしまうことがよくありますが・・・
猫って、なんであんなに瞬時に入ることが出来るんでしょうね~

きっと、きこどんにも、とねこりさんの気持ちは伝わっているのでしょう。
だから、こはくちゃんとも喧嘩をしなかったのではないでしょうか?
きこどん、大人だなぁ・・・
本当に、良かった良かった!
#1803 No title
とねこりさん、ハラハラどきどきしましたね。
猫って、ちょっとした隙間をスルリと音もなく抜けちゃうし、
1センチの隙間でも手で開けて出てしまう事ありますよね。
私も以前、初猫ミミをハワイから日本へ連れて帰った直後に
「いない!!」って青ざめて近所中を探したことあります。
押入れ開けたらその奥でシーンと息をひそめていたんですが。
他の子も窓あけて隣の家へ行き上り込んだことも。
お隣さんがイイ人で良かったから救われましたが。。
猫がいると、守らなければならないので気を使いますね。
ましてきこどんは大きな心配もありですもんね。
でもそれ以上の幸せがありますもんね。
きこどん、喧嘩せずにいてくれてエライ!!
本当に良かったです。。
#1804 No title
ねこりさん、ファイト♪
#1805 No title
とねこりさん、危機一髪でしたね。
結果、何事もなかったようでホッとしました。

しあわせは自分で守っていくもの。
本当にその通りです。
平穏な日が続くとそれが当たり前に思えてしまいますが、
私もますます気をつけようと思います。
なにせ、ドアも勝手に開閉しちゃう
築数十年の古民家在住ですので(>v<)ゞ

きこどん親ビンの大人の対応に感謝!
あ、もしかしたらよんよんさんとにゃんごーるさんが
守ってくれたのかもですね。
#1806 No title
過去には脱走されてしまった経験があります。
青ざめて、うろたえて・・・
無事に戻ってくれて、今があります。

何事も無かった今回の事は、この先への警鐘。
緊迫のシュミレーションだったんですね!
もう、大丈夫!
#1807 No title
こはくさんもきこどんさんもほんとよかった。
何はともあれよかったです。
わたしは逆にクローゼットに閉じ込めてしまったことが・・
うちも気をつけようとおもいましたー。
#1808 No title
こはくちゃん、ホントによかった。
私のお友達もにゃんこがマンションのベランダに出たのを気づかずにお仕事にでかけて、帰って家にニャンズがいない!ってパニックになって探したらベランダの物置の下にうずくまってたそうです。多分一日。涙。。

私もにゃんこがどこにいるのか確認できないと不安になっていつも呼んで探しまくります。大抵は、なんでここ?ってとこでぐーぐー寝ています。それで、起こすにゃよ!うるさいニャー!って顔をされます。
#1809 No title
ああ、本当に、飼い主人間の注意で防げる危険が一杯ありますね。
こはくさん、お外に出て行かなくてよかった!!
そして、喧嘩にならなくて。。。
私も、トイチの誤飲の事で、反省しきりです;;
#1810 *shah-sanさん*
何事もなかったことは
よかったとしか言いようがないです。。

きこどんは、ふすまからはで出入りしないので
こはく達に注意して人間が出入りしています。
フェンスが置けるといいのですが
部屋が玄関のすぐ横なのでスペース的に厳しいんです。
こはくは前足が曲がって固まってしまっている為
網やフェンス状のものは引っかかって危ないということもあります。。
部屋の中で隠れられるのが机の下か押入れだけなので
当面はしっかり確認して出入りしようと思っています^^
#1811 *ahooさん*
猫さんは素早いですね~、ホント。
きこどんが押入れにいるのを確認した時のことを
よくよく思い出しても、一体どのタイミングで部屋に入ったのか
分からないんですよ。。

ケンカがなくてよかったです。。
きこどんはこはくの体重の2倍近くありますし
以前のケンカの時はきこどんが馬乗りになってました。。泣
今回はきこどんも眠ってましたし、こはくも落ち着いていました。
さすがに私が帰宅したとたんに「出して~」って言っちゃいましたが^^;
いろいろ想像してしまうと今も怖いですが
本当に二匹とも無事でよかったです~^^
#1812 *ぐうたらかあさん*
ぐうたらかあさんとこでも、閉じ込めてしまった経験あるんですね。
ウチもトイレや物置きでドアを閉めてしまったりがあります。。
今回はあまりに危険な場所に閉じ込めてしまったので
本当に反省しました~。

こはくは足にハンデがあるし、ケンカも弱いのですが
ケンカっぱやいので要注意猫なんです。
もしかしたらきこどんが目を合わせないように行動してくれたかも
しれないですね。
いずれにしても二匹が静かにしていてくれたおかげです^^よかった。。
#1813 *TOKITTYさん*
何事もなかったんだ、と分かっても
心拍数上がりっぱなしでした。。
TOKITTYさんも青ざめた経験おありでしたか。。
猫さんが息をひそめてたら、見つけるのは至難の業ですよね。
今回はきこどんとこはくが二匹共感情的にならずに
静かにしていてくれたおかげで助かりました。。
きこどんは寝る場所を移動してたので
きっと顔は合わせてると思うのですが、
2時間もの間よくガマンしてくれたと思います。
みんなが幸せでいられるように、自分が「できる事」を
模索していこうと感じました~^^
#1814 *猫豆さん*
ありがとうございます!^^
かなりアセッた出来事でしたが
これが「イイ経験」になるようにしたいと思います。
おりこうでいてくれた2匹にもいっぱい感謝します^^
#1815 *まめちゃろさん*
本当に「とねこり危機一髪」で樽から飛んでいきそうでした。。笑
いや、笑いごとではなく、、血の気が引きましたよ。。

ちょうど出かけるところできこどんを探したりして
慌てていたような気もします。。反省。。
同じような事はもう起こしたくないので
しっかり確認を習慣づけようと思っています。

こはくは普段、窓辺にいることも多いので
本当にキケンな状況だったんです。。
よんよんとにゃんごーるが窓辺で通せんぼしてくれたのかも
しれないです。そんな気がします。。
#1816 *なっつばー さん*
なっつばーさんのところでは実際に脱走があったんですね。。
どんなにか心配されたでしょうね。
今こはくを探してるとしたら、と想像しただけで眠れなくなりそうです。
本当に今回のことは、この先への警鐘ですね。
しっかり受け止めて、これからに活かしていきます!
なっつばーさんの「もう、大丈夫!」に涙がでました。。
ありがとうございました。
#1817 *tomoさん*
なんて危険な状況にさせてしまったのか、と
いろいろ考えると、いたたまれなくなって
またドキドキしてきてしまうのですが
本当に本当によかった。。。です。。

猫さん、クローゼットの中とか入りたがりますよね。
ウチは戸を開けるのを後ろで待ってる時とかありますよ~^^;
ホント、お互いに気を付けましょうね。
きいろさん、素早やそうですね~^^
#1818 *いそさとさん*
こはくは少々無茶をする性格なので危機一髪でした。。
ケンカをしてもエイズの危険があったし
外に出てしまったら、この寒空にほふく前進で(足が曲がってるので)
どうなってしまったのかと思うと、やりきれない気持ちになってしまいます。
いそさとさんのお友達のにゃんこも危機一髪でしたね。。
お友達の心境、今回の私と似てるかも知れないです。
じっとしていてくれた猫さんにとにかくごめんねと感謝。。です!

普段の生活の中でも、意外とヒヤッとすることありますよね。
思わぬところにいたりすると、なかなか見つからないし、
近くにいるのに保護色になってて見えなかったり。。^^;
またそういう時に限って呼んでも返事をしないとか。。^^;;;
とは言え、厳しくもイイ経験になりました。気を付けます!
#1819 *ほんなあほなさん*
本当に、たまたま何事もなくいられただけで
とんでもないことになりかねない出来事でした。。
もしも、、といろいろ想像すると
どうにもならない心境になってしまいます。。泣
でも、本当によかった。。
といちくんも回復に向かってる様子でよかったです。。
お家に帰ってホッとしてるでしょうね~。
ゆっくり体と心を休めて元気を充填できますように。
#1820 No title
そういう事は 
注意してても 起きたりしますね。
注意が足りないって言われたら それまでだけど
こはくちゃんときこどんの組み合わせで
なおさら びっくりされましたね

何もなかった事を 喜びましょうよ
気がひきしまって 今後に繋がって良かったって
考えましょうよ
それに みんな成長してるかもって思えたんじゃないかな
よかった よかった
#1831 *N,yasuさん*
そうですね~。ありがとうございます。
痛い経験を、今後に繋げていくこと!に尽きますね。

今回何事もなくいられたのは、ひとえに2匹のおかげです。
N,yasuさんがおっしゃるように、もしかしたら
こはく達成長したのかな、とも感じました。
直接顔は合わさなくても、お互いの存在は認め合ってたのかも。。
「ごめんね」と「ありがとう」をいっぱい伝えたいです^^

コメントのお返事、遅くなってすみませんでした~。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。