スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光は見えたか

こはくが体調を崩してから、かれこれ一か月経とうとしています。
長い一か月でした。。
こはくの戦いは続いています。
が、トンネルの向こうに、光が見えてきているようにも思えます。

DSCN7910_convert_20130630214254.jpg
小さく腕組みをして一息つくこはく。

(以下、こはくの体調の記録のような内容になってしまいますのでつまらないです。スルー可です)

長く激しい下痢と吐き気の日々が
転じて肛門嚢炎と便秘の日々に変わりました。

肛門嚢の破裂を自然にまかせる予定でしたが
どうやら腫れが便秘を悪化させているらしく
便が出ないことで、こはくが苦しみ出してしまいました。
トイレでものすごくいきむのですがダメで
激しく吐いたかと思えばトイレに駆け込む繰り返し。
そのうち液体の便がポタポタ落ちてきて、
しまいにトイレの外でもいきんでポタポタ。
いきみながら吐くし、
かと思えば呼吸が早くなってバッタリ倒れ込んでしまうし
私がお腹を触ったらものすごい声で唸りました。
一時間ほどの間に突然それだけの事が起こり、急いで病院へ。

軽い麻酔を使い、肛門嚢の切開と排便処置をしてもらいました。
それが前回の記事をアップしてすぐのことでした。。

こはくは随分楽になったようでしたが2日後の夜にまた便秘の症状。
前のようなパニック状態ではありませんでしたが(トイレの往復と吐き気)
自力で出せるようには思えない状態だったし、時間の問題でパニックになりそうなので
翌日(昨日)また病院で排便処置をしてもらいました。
たくさん出ました。。

麻酔が大方醒めて、帰路につきましたが
道すがらキャリーの中のこはくの様子がおかしくなりました。
変わった声で鳴くので見ると、呼吸がものすごく早くなって
口を大きく開けて舌を出しています。
目を見開いてキャリーのフタをガシャンガシャンやって出ようとするし
尋常ではない状態でした。
病院に戻るべきなのかとも思いましたが家まですぐだったので
帰宅してこはくをキャリーからだしました。
こはくは全身の毛が立って、倒れ込んで、ヨダレがたれて
呼吸困難かというほど苦しい状態でした。
身体が熱いのでエアコンをガンガンつけてクールダウンさせました。
10分程で呼吸が落ち着いてきて立ち上がって歩いたり出来るようになりました。

怖かったです。。

こはくが落ち着いてからも私は放心状態で動けませんでした。

麻酔の醒めが充分でなかったのかもしれず、処置の痛みなどで
興奮状態になってしまったのでは、と思います。


そして今日。
肛門嚢はまだ穴が開いていますが順調です。
排便処置でたくさん出してもらったので、今のところまだ便はもよおしていません。
食欲はまあまあ。
ただ、元気がありません。
なんだか体温が低いように感じたので、あんかを出してきました。

snap_tonekori6_201360215034.jpg


温まって来ると
snap_tonekori6_201360215323.jpg
井草座布団に移動したり


DSCN7917_convert_20130630214441.jpg
床でひんやりしたり、繰り返していました。


決定的に具合が悪いというのでもないけれど
いつものこはくとは違う今日のこはくでした。

体力の無くなってるところに昨日のような体験をして
疲れてしまっているのでしょうか。。

便秘が解消されるのかどうか気になって仕方ありませんが
こはくには、しっかり休んで体力を養ってほしいと思います。


snap_tonekori6_20136021482.jpg
ちゅうじもリラックスをアピール。



snap_tonekori6_20136021580.jpg
もうひと踏ん張り。



こはくにコメント、エールありがとうございます!
とてもありがたく、心強く感じています。


私信:昨日(29日)am9:42頃、鍵で拍手コメ下さった方、
   もしよろしければ、こっそりお名前教えていただけると嬉しいです。
   お名前の記入がなかったので~^^


それでは。本日ここまで。
お越しくださり、ありがとうございました。

※コメント欄、閉じておきます。
スポンサーサイト

トラックバック:一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。