FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはりできてるのは奴だった・・

本日は、少し寒いながらも 気持ちよく晴れました。

IMG_3868_convert_20120227181116.jpg

きこどんもデッキでこの笑顔。


IMG_3870_convert_20120227180805.jpg

コンビニ時代に酷い怪我をした時の消えない傷が、左耳のまわりにいくつも残っています。

ハゲてしまった傷も 今日はお日様に照らされて テカテカ。 かわいいです。


きこどんはエイズキャリアです。

外で暮らして、あれだけケンカしていれば無理も無いでしょう。

きこどんを家族に迎えるにあたり、当時眠れないくらい検討しました。

厳しい環境にいたきこどんに今度は室内でのんびりしてほしいのは当然ですが、

わが家には、完全室内飼いのオス猫が4匹おるのです。

知らない成猫どうしが、オスどうしが、エイズキャリアが、

一体どうしたら一つ屋根の下でやっていけるのでしょう?

本来、こんな条件で猫を引き取ってはいけないのかもしれません。

しかしながら季節は秋、朝晩はだいぶ寒くなっていました。

ペットシーツ1枚でも敷けば、急いでやってきて その上にうずくまるきこどんを前に

”誰かがなんとかしてくれるだろう”なんて根拠のない期待はできませんでした。


悩んだ末、まずはきこどんを一部屋に隔離して、環境に慣れてきた頃に

毎日少しずつ先住猫達と面会を繰り返して慣れさせる作戦にでました。

先住達にはエイズのワクチン(あるんですね)を接種させました。


・・・面会を繰り返す事2ヶ月。

さすがに顔見知り程度にはなってきて、いよいよ次の段階、

きこどんを隔離部屋から数分だけ開放してみたところ、思いの外いい感じ。

しかーし、次の日やってしまいました。

先住の年長が豹変。きこどんに飛びかかって、他の猫も大騒ぎ。



悪夢を見ているようでした。そして諦めました。

先住の年長はちょっと気難しいタイプなので

IMG_3836_convert_20120227175522.jpg
(オレ、年長。やっちまったよ)

多分ケンカはエスカレートしていくでしょう。


室内飼いの夢は すっぱり諦め、次の手です。

隔離部屋はそのままに、きこどんには窓から外に出入りできる生活に挑戦してもらう事に。

しかしながら土地勘のない場所に放してどうなるものか・・・

まずはリードを着けて庭を歩かせようとしましたが、きこどんは地面に降りると

そのまま座るか寝そべって完全にくつろぎ、いっこうに歩きません。

ついにリードを外してもその姿勢を崩さずに 今日に至ります。

自由に部屋と外を行き来していますが、ちょっと風が強く吹いたり 寒くなると

すぐに部屋に戻って さらに押入れを開けて中の布団で寝ています。

こういう事をしてもらいたかったんですよね・・・


思えばいろいろ悩んでドタバタやって、先住猫達も大騒ぎしてました。

常に平常心で されるがままあっさりと目の前の環境に馴染み淡々と過ごしていたのは

きこどんだけ。。。


猫ができてる!


これが言いたいだけなのに、こんなに長々と書きました。

読んでいただき、ありがとうございました。


それではまた。

スポンサーサイト

トラックバック:一覧

コメント:一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。