FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にゃんごーるの今後を考える

天候が不安定なので、にゃんごーるは室内で過ごしました。

でも、今日はとても外に出たがってそわそわしていました。

そこで、ちょっと気分を変えて

ベランダに出してみることにしました。

IMG_6756_convert_20120509172215.jpg

にゃんごーるの部屋にはベランダへの出入り口があります。

慎重なにゃんごーるは少し迷っていましたが

外にでたくてうずうずしていたので、そーっと出てみました。

IMG_6733_convert_20120509172257.jpg

ベランダは庭のデッキの屋根とつながっています。


IMG_6741_convert_20120509172338.jpg

デッキの屋根は人が上れないので、少しハラハラしながら見守りました。

手が届かないところに行ってしまうと心配になるもので

転落してしまわないかとか

カラスにさらわれるのではないかとか、過剰にいろいろ考えてしまいます。


IMG_6742_convert_20120509172417.jpg
心配をよそに窓を見上げたり


IMG_6744_convert_20120509172455.jpg
寝ころんでみたり、楽しんでる様子です。


IMG_6745_convert_20120509172524.jpg
にゃんごーるに近い窓から覗いてみました。


IMG_6766_convert_20120509172620.jpg
奥の方まで探検して


IMG_6772_convert_20120509172659.jpg
呼んだらすぐに戻ってきてくれました。 ホッ。

暑くなってしまうと無理ですが、しばらくは使えそうです。

そういえば最近、屋根の上にいる猫ってあまり見かけませんが、

なかなかいいものですよね~。



さて、本日ここからは・・

にゃんごーるの今後の生活を考える 私のひとりごと的な話をさせてください。
自分の頭の中を整理するために記録しておきたいと考えました。
つまらないかもしれないのでスルーしてくださっても大丈夫ですよ。


以前にもブログ内でお話しましたが、
にゃんごーるがわが家に子連れでやって来て以来10年、
避妊手術はなんとか済ませましたが、ずっと触れない猫として過ごしてきました。
仲良しだったよんよんという猫が4年前に亡くなってからは
外猫一匹でやってきました。

にゃんごーるの耳の手術については既に記事にしてきましたが、
耳の腫瘍切除手術は今回で2度目でした。
1度目は昨年の5月。

IMG_3215_convert_20120509172838.jpg
手術当日の朝。
右耳に大きな腫瘍があり、出血してカサブタになっています。

入院中、慣れない場所で食事を摂らなくなってしまい
食べなれたフードを毎日朝夕食べさせに病院に通いました。
その時からにゃんごーるとの距離がぐっと近くなりました。

手術後、耳の様子はまあまあだったのですが
11月半ばに体調を崩し、そこで白血病だったことが判りました。
入院して治療を受けましたが、何も食べなくなって寝ころんだまま。
酷く黄疸もでて、病院の先生も快復するのは難しいとのことでした。
家で看取るつもりで連れて帰りました。
ところが帰宅して翌日から少しずつ食べられるようになり
どんどん快復していきました。
この時の退院から、初めて室内で過ごすようになり
これぞツンデレというくらい甘えてくれるようになりました。

IMG_3487_convert_20120509172912.jpg
少し元気になって外に出てみたところ。

病院の先生も苦笑いする快復をみせ、
にゃんごーるはいつもの生活に戻りました。


そして今年の2月、耳の腫瘍が再発。

IMG_3810_convert_20120509172949.jpg
耳の下のほうに腫瘍ができています。
小さい腫瘍は両耳に何箇所かありました。

2月23日に2回目の手術をしました。
ブログを始めたのがちょうどその頃です。
その後の経過は記事にしてまいりました。
皆様にたくさんにゃんごーるを応援していただき、
現在、耳の状態は安定しています。

にゃんごーるは今、おおまかに日中は外で過ごして散歩に行ったりして、
夕方までには室内に入れるような生活をしています。
お散歩は楽しんでいる様子ですが
あいにく、きこどんとは相性が悪く
ご存知の通りきこどんをとっても避けています。
これまで、デッキはにゃんごーるの定位置でした。

IMG_6780_convert_20120509172743.jpg
このハウスもクッションも、もともとはにゃんごーるのもの。
今はきこどんが占領してしまいました。
にゃんごーるはちょっと居場所がない状態です・・
(でも、きこどんが悪いわけじゃないんだよ)

そしてやはり心配なのが日光アレルギー。
日傘でもさして歩いてくれないものかと思います。
実際には、できるならもう外に出したくない気持ちがあります。
強い日差しの日には耳が赤くなっている時があるし、
手術のキズ自体は好くなっていますが、皮膚がとても薄くて
赤くなったところを足で掻いてしまうと

IMG_6775_convert_20120509173317.jpg
今朝は少しキズになって出血してしまいました。

できることなら、これからこはく達と一緒に室内だけで暮らしてほしいのですが
いくらこはく達がワクチン接種しているとはいえ
白血病のことを考えるとキケンです。
にゃんごーるが室内で暮らすとすれば今の部屋にいるしかないんです。

これからもにゃんごーるを外に出したほうがいいのか
室内で暮らさせたほうがいいのか
今とても考えています。
今のパターンで、外に居る時間を短くしたらどうでしょうか・・
一部屋だけで暮らすのはかわいそうでしょうか・・・
ずっと気になって、未だに模索中です。


IMG_3676_convert_20120501233411.jpg
にゃんこのしあわせって何でしょうね。



IMG_6113_convert_20120502092603.jpg
みんながいい距離で、満足できる道をさがしたいです。。


つまらない話を最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
切羽詰った話ではないですが、一人の頭で考えても行ったり来たりになってしまうので
感想やご意見など何でも、気軽に聞かせていただけたらとてもうれしいです。

それでは本日ここまで。
たくさん読んでくださり、本当にありがとうございます。
スポンサーサイト

トラックバック:一覧

コメント:一覧

#131 No title
こんばんわ

にゃんごーるちゃんの今後、最後まで読ませていただきました。
とねこりさんが悩まれているとのこと。
にゃんごーるちゃんに当てはまるかはわかりませんが、
ネコさん(そしてたぶん多くの縄張りを持つ動物さん)は、
安心して、十分に食事ができる環境であれば、
変わらないことを望むそうです。
体には悪いのかもしれませんが、
幸せかということを考えると、
今のまま、という選択もあるのかと思いました。
感想のひとつと、読み流してください。
#132 No title
デッキの屋根にいるにゃんごーるちゃん、
リラックスして見えました。
見てる方はハラハラしちゃいますけど、意外とにゃんこは
大丈夫なんですね~。(実は実家の猫は屋根散歩してます^^)

にゃんごーるちゃんの今後、難しいですね・・・。
私の考えとしては、今のお部屋のまま、
お散歩の時間を短くして、強い日差しの時は我慢してもらうというのはどうかな~と思います。
今のお部屋で長く過ごせるように、猫OKの植物を多めに置いたり、キャットタワーや隠れたり遊んだりできるようなものを置いてみて、それでも1つの部屋でストレスになってそうと感じたら、その時は外にいる時間を長くする・・・。
やっぱり日光アレルギーが心配です。。。
傷からばい菌が入ったらとか思うと室内になるべく居てほしいって思ってしまいますね。でも、お外出たくてそわそわしちゃうのですよね。
うーーん。猫と喋れたらと本当に思います・・・。
何がその子にとって幸せなのか、私もいつも悩んでいます。

長いわりに大したことも言えず、すみません。
もう少し考えてみます。
#133 にゃんごーるちゃんのこと
”いろはさん”のブログで猫ちゃんにはまってしまい、とねこりさんのブログでまたまた大好きになってしまいしまいました。でも猫ちゃんの生態はまったく分からないので意見も感想もまともに書けない私です。
だから、もしも自分ならと置き換えて考えてみました。
やっぱり自分の人生は自由に過ごしたいです。家にいないと悪化するよと言われても、「お外に行きたい。」と言うと思います。長生きするために生きるのじゃなくて、短くても自分のしたいことが出来る人生を選びたいです。
にゃんごーるちゃんはとねこりさんと一緒にいれて、ご飯をもらって好きなように遊べる今が一番幸せだと思いますよ。
#134 *shah-sanさん*
コメントありがとうございます。
人間が考えるしあわせな猫像と実際の猫が求める幸せは
一致しないものなのかもしれないですね。
でも、猫が生き生きと暮らしているようすを見れば、
やはりこちらも幸せな気持ちになれるはず・・・
健康でいてほしい思いは当然ありますが
”何が幸せか”という視点は忘れないように
道を選択していきたいと思いました。

頭の中でいろんな思いがゴチャゴチャとしていましたが
助言をしていただくことで、随分思考が整理された気がします。
shah-sanさん、ありがとうございます。
#135 *Irohaさん*
> (実は実家の猫は屋根散歩してます^^)
ご実家のにゃんこ、お外に出るんですね~^^
屋根の上のにゃんこ、いるんですね!
にゃんごーるもまんざらでもない様子だったので
ちょっとした気分転換にはよさそうです。
何で今までやらなかったんだろう・・・

私の勝手な思いに、コメントをありがとうございます。
あーでもないこーでもないと考えがまとまらないでいましたが、
Irohaさんのコメントを読んで、
頭の中で考えてるだけじゃなくて、具体的に自分がするべきことが何か
見つけて行動しようと思えました。
いろいろ試してみることだって出来る訳だし
にゃんごーるが部屋で長く過ごせる工夫は今まで思いつきませんでした!

今すでに病気で痛い思いなどしてるならともかく、
先の心配ばかりをして過剰に行動を制限してしまったら良くないですね。
ストレスのない程度に外に出たり
室内でのんびりしたりのバランスをとってあげるのが
飼い主の役目というものなのかもしれませんね。

本当ににゃんこと話せたらと思いますよね・・
でも、結構わがまま言いそうですけどね^^

視点が変わって、だいぶ気持ちが楽になりました。本当です。
Irohaさん、ありがとうございました。
#136 *さくら3233さん*
コメントありがとうございます。

> 長生きするために生きるのじゃなくて、短くても自分のしたいことが出来る人生を選びたいです。
ガツンときました。
長生きしてほしいとか、安全な場所にいてほしいと願ってしまうのは一緒に暮らす者として
どうにもならないですが
一つの命としてどう生きるか(なんか大げさでしょうか・・)と考えると
さくらさんのおっしゃるように”長さ”ではなく ”クオリティ”なのかもしれないですね。
にゃんごーるにしても健康面などでケアしていくのは
飼い主の当然の役目で、あとはどれだけ楽しそうな姿をみられるか・・
それでいいのかもしれないですね。
混沌としていた頭の中に、道筋が見えてきたきがします。

コメントいただいてよかったです。
さくらさん、ありがとうございました。
#137 No title
とねこりさんにそう言っていただけてよかったです。
1日考えたのですが、昨日と同じ感じで・・・。
でもとねこりさんのコメント読んでいて、あぁそうだなぁって
私も色々気づかせていただきました。
いつも本当にとねこりさんのブログで勉強させていただいてます。
私の方こそありがとうございます。
#138 *Irohaさん*
Irohaさん、今回一緒ににゃんごーるのことを考えてくださり、
本当に感謝しています。
Irohaさんが真剣に考えてくださってるのが伝わってきて
とても心強く、うれしかったです。
ブログを始めてよかったなあとも思えました。

にゃんごーるは外も好きですが室内にいる時は外では見られない
落ち着いた表情をみせます。
外では近所の猫に追いかけられたり、きこどんの脅威もあるので
(それでも多少の刺激はほしいのかもしれませんが・・^^;)
今後は外に出す時間帯なども考えながら
いろいろなパターンを試してみようかと思います。
楽しみながらできそうです^^

しつこく繰り返してごめんなさい。でも本当の気持ちです。
一緒に考えてくださり、ありがとうございました。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。